達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

さあ、いよいよ、達人のゴルフ生命が掛かっているドライバーショットに挑戦だ。果たしてその結果は?

スポンサーリンク

腱鞘炎も癒え、

5週間ぶりに出かけた前回(1月4日)の練習場では

ムリをせず、ゆっくり素振りをメインにして、

ショットはアプローチだけの10球だけにした。

 

幸い、その後痛みも出ず、違和感も残らなかった。

www.tatsujin72.com

 

普通に打てることがどれだけ有難いか、

今さらながらしみじみ知ったわけだ。

 

さて今回は、いよいよ本番、

ドライバーショットを打ってみようと思い

やってきた。

これが、ちゃんと打てない限り、

いつまでたってもコースには出られない。

f:id:t6911:20190112085023j:plain

しかし、手首にかかる衝撃はアプローチの比ではない。

若いときならいざ知らず、この歳になれば

筋肉や腱も細くなっているし、

回復力や修復力も劣っている。

 

昔は、「打ってるうちに治るさ」くらいに楽観的だったし

実際その通りだった。

しかし、今は、悲しいくらい臆病だ。

 

又ピリッときたらどうしよう。

やっぱり怖い。

大げさではなく、残り少ない私のゴルフ人生が

かかっているからだ。

スポンサーリンク
   

まずは58度のウェッジを抜く。

30ヤードから50ヤード、

・・・大丈夫だ。

 

安心!

 

次に8番アイアンで130ヤード、

・・・これも大丈夫。

f:id:t6911:20190112085059j:plain

さーて、いよいよドライバーだ。

覚悟を決める。

1球目、ティーアップ

まずは、7割スイングで・・

 

とにかく、ガツンといかない、

スイングの途中にボールがあるように、

運ぶように・・・

 

「スパーン」

ちょいスラだったけど、まずまずの感触。

 

その後、9発、

ドライバーも10発までと決めてきた。

 

当然、距離も落ちてるが、

今はそんなことはどうでもいい。

痛くない。

・・・大丈夫だ。

 

本当に嬉しい。

 

 何とかゴルフも出来そうだし、

なによりも私のこれからのゴルフを

見つけたような気もする。

f:id:t6911:20190112085133j:plain

打ち急がないゆったりスイング、

打つんじゃなく振るってこと。

・・今さらだけどね。

 

まさしく、ケガの功名だ。

 

さあこれから、少しずつ馬力を上げていくぞ!

スポンサーリンク