達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「ソニーオープンinハワイ」松山英樹ら日本勢7人のそれぞれの想いを込めた渾身のプレーに注目だ!

スポンサーリンク
 

松山英樹

10日開幕の、ソニーオープンinハワイ」

今季の初戦を迎えます。

 

まさかの最下位を喫した「ヒーローワールドチャレンジ」から

約1か月ぶりの実戦です。

昨年9月に終了した本格参戦5季目の米ツアーでは

優勝は無く、トップ3さえ一度もない不本意な成績で終え、

17年には最高2位だった世界ランクも28位まで後退しました。

 

昨年末のインタビューで、「来年は是が非でも世界ランクを

戻したい」と強い決意を示した松山には大いに期待したいし、

松山が熱望する2020年東京五輪のゴルフ競技に出場

するためにも、今年は特に大事な年だ。

(同年6月末の時点で世界ランク15位以内で自動的に出場が決まる)

 

又、2015年以来、優勝カップを掲げる姿を見ていない我々も

相当フラストレーションが溜まっている。

松山だって意地もプライドもあるはずだ、

そろそろ強い松山を見たい。

f:id:t6911:20190107190832p:plain

          会場のワイアラエCC

今大会には、松山の他に小平智、今平周吾、稲森佑貴、

池田勇太、星野陸也、そしてアマチュアの金谷拓実が

参戦します。

スポンサーリンク
 

 

先週昨季のツアー優勝者のみが出場する

「セントリー・トーナメントofチャンピオンズ」に出場した

小平智は、優勝したX・シャウフェレとは27打差の最下位に沈み

何ともほろ苦い新年のスタートとなった。

 

優勝者のみという高レベルのフィールドとはいえ

27というスコア差は絶望的な実力の違いを感じざるを得ない。

このままだと、2勝目は遥かに遠く、

ツアーメンバーの座だって今年限りだろう。

飛ばないなら飛ばないなりの組み立てをしっかり構築しなければ

このままでは、「RBCヘリテージ」での優勝はいつまでたっても

フロックだったと言われてしまう。

 

小平の奮起に期待しよう。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

昨季の日本ツアー賞金王の資格で出場する今平周吾にとって

悲願である4月のマスターズへの出場権を

獲得するためには3月末の時点で世界ランク50位以内が必要、

現在ランク53位の今平のモチベーションは誰よりも高いはずだ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

昨年10月の「アジア・パシフィック・アマチュア選手権」を制し

マスターズと7月の全英オープンへの出場権を手にした金谷拓実

米レギュラーツアーに初挑戦となる今試合で

どんな経験と収穫を得られるか?

自分の立ち位置とレベルを感じ取る意義ある試合に

してもらいたい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 ショットの正確性には定評がある稲森佑貴だが、

飛距離という点では、米ツアーのレベルでは

相当厳しい。

「自分のゴルフ」への確信を強固に出来るプレーが

出来るのか、興味深々だ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

そして星野陸也

昨年初優勝を遂げ、自信も付けたはずだし、

顔つきも勝負師のそれになってきた。

飛距離も十分通用する。

私は、ひそかに期待している一人である。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

池田勇太は、`’参加するだけ`’のゴルフから

脱却できるかだろう。

f:id:t6911:20190108065320p:plain

 

大挙7人参戦の日本勢、

それもトップランクの選手達ばかりだ。

軒並み予選落ちともなれば

落ち込みが止まらない日本男子ツアーに

更なる暗い影を落とすことになる。

 

今後を占う大事な一戦となりそうだ。

 

追記: 今平周吾は特別招待選手としてマスターズへの

   出場が決定しました。

 

スポンサーリンク