達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

パッティングで勝つ:ライバルに差をつけるこの冬のコソ錬はコレだ!

スポンサーリンク

興味あるデータがある。

 

マチュアゴルファーのスコア別による

1ラウンド平均パット数だ。

70~79・・・31.39

80~89・・・33,80 

90~99・・・35,37 

100~109・・38,18 

 

110 を切れないアマチュアは、

40パットは平気で打つということになる。

 

 パットがスコアの約40%を占めるってこと、

ここを改めて再確認してほしいね。

一番簡単にスコアを減らせるのが

パットだってことも分かる。

・・・・・・・・・・・・・・・

スコアが伸びない人は、

ショットには慎重なのに

パットにはあまりにも無頓着だ。

 

1パット目はそれなりにラインや傾斜を見るが

それも雑。

それを外すと途端に集中力がなくなり

ろくにラインを読まずに、

ボールを置きなおすこともせず打って、

また外す。

 

ダメージは底知れない、

本当にもったいない。

//////////////////////////////////////////////////////////////////

私も110くらいを打ってた頃は、

3パットはザラで、4パット打ったこともあるし、

50センチをポロっと外したりしたが、

一番情けないのは、

カップまで届かせることが出来なかった時だ。

チビって、恐る恐る、

5メートルを半分しか打てないこともあった。

f:id:t6911:20181219074005p:plain

【NEVER・UP, NEVER・IN】

   (届かなければ、入らない)

 

皆さんもよく知っているパターに関する格言だ。

ショートパットを戒める言葉である。

 

スポンサーリンク
 

医師でありながら、独自のパターを

考案するなど、ゴルフにも造詣が深い

福岡大学名誉教授の清水明先生の研究では、

 

PGAアメリカ)ツアーの選手が

3メートルのパットをするときに

ショートする確率は6%、

わずか17回で1回で、

これに対し、スコア90のアマチュアは16%、

6回に1回はショートさせているという。

(私個人としては、もっと多い気がするんだけどね)

 

ロングパットも寄せようなんて思うと寄らない、

入れるつもりじゃないと寄らないものだと思う。

嫌というほど、失敗をしてきた私の経験だ。

 

オーバーさせたら、返しのラインはおおよそ解かる、

ショートしてたらラインは未知のままだ。

 

届かせようじゃなく、

カップの向こう側まで打つ気持ちで

丁度いい。

f:id:t6911:20181219075026p:plain

この冬は、家のパターマットを使ってのコソ錬で

ライバルに勝ちましょう。

 

テークバック1でフォローが2、

しっかり芯で捉えてカップの向こう側に

ドン!と当てる練習だ。

 

根気強くやること、

パットはこの単調な練習をどれだけ

続けられるかにかかっています。

 

ショットで負けてもパットで勝つ!

⛳ これだよ!!

 

スポンサーリンク