達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

もう今年のゴルフは終戦?痛みがなかなか治まらず、たまらず達人は病院へ!

スポンサーリンク

 

やっぱり行こう。

 

どうにもならない。

痛みを感じるようになってから2か月ほど

いろいろ試してみたが、一向に良くなる気配がない。

日常生活にも差し支えるし

何より大好きなゴルフに影響がでる。

私には重大問題なのである。

 

妻からも「病院行ったら・・」と

何度も言われていたが、

それでも意地汚く

ゴルフへの未練は断ちがたく

診てもらうのは、ゴルフ場が雪でクローズ

してからと徹底抗戦を決め込んでいた。

 

その間にも2度コースに出たわけだけど、

最初は だましだましで何とかなったが

後半はやっぱりきつかった。

まともに振れないし、患部を庇いながらの

スイングだから、違う場所の筋肉まで痛くなってくる。

 

妻のせっつきや収まらない痛みに

‘’そろそろ病院かな‘’と感じ始めていたとき、

それを決定的にさせたのは

地元新聞の週間天気予報である。

f:id:t6911:20181205112617j:plain

今週末に雪のマーク。

まだゴルフ場がクローズするほどの

雪ではないだろうけど、

私自身に引導を渡す

寒々しい マーク だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

先生の問診後、

患部を押さえて引っ張られ、

出た診断は「腱鞘炎ですね」だった。

 

長い付き合いのブログ仲間は

‘’バネ指‘’だったけど、私のはそれより

ずっと軽いものだ。

 

塗り薬、ステロイド注射という方法もあるが、

「温湿布持ってらっしゃるんなら、まずはそれで

様子を見てみましょう」ということになった。

 

拍子抜け!

 

そんなに重症ではないということだろう。

 

ナーんだ!

 

ゴルフが出来ないかもという恐怖から

大騒ぎしてしまった。

 

ちょっと恥ずかしい。

 

そのあと、処置室へ移り、

看護師さんから

「この中に手首まで入れて、5回、入れたり出したりして下さい、

手はパーでね」

それは、小さな長方形のステンレス容器の中に

蝋(ロウ)みたいなものを溶かし込んだ暖かいお湯?

 

足湯じゃなく、手湯みたいなもの。

 

白い手袋を付けたような左手をタオルにくるまれて

待つこと15分、

あとはそれをツルンと剥がして終了。

 

なんと、あっけない。

f:id:t6911:20181205104615j:plain

帰りの受付、

「次はいつ来たらいいですか」と尋ねたら、

 

「週に2,3回来られたらいいですよ」

「木曜日と土曜日は午前だけですからね」

スポンサーリンク
   

痛みの原因がはっきりして

それはスッキリしたが、

すぐには治らないということ

起死回生は不可能ということだ。

 

手湯に浸かりに週2,3 回か・・・

f:id:t6911:20181205104330p:plain

外に出れば、

‘’今年はもうゴルフはダメだよ‘’と

念押しするような冷たい雨。

 

 患部の安静も必要だということだから

スイングは無理だろう。

 

仕方ない、

家でシコシコ、

パターの練習でもするしかないのか・・

 

スポンサーリンク