達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

今年はさらに見逃せないぞ!「東京よみうり」最終18番難関パー3。今平、石川、小平そして崔虎星だ。

スポンサーリンク

選ばれしプロ30人の最終決戦、

日本シリーズJTカップ

会場は、例年通り、「東京よみうりCC」

ã¯ãªãã¯ããã¨æ°ããã¦ã£ã³ãã¦ã§éãã¾ã

この試合の面白さは,

若干打ち下ろし約230ヤードの

最終18番ショートホールに

集約されるだろう。

 

石川遼ならずとも多くのプロが口を揃える、

日本でトップ3に入る難ホールである。

その難しさは風の読みやその距離だけではない、

なんといっても奥から手前に急激な傾斜が付けられ、

さらに硬く、速く仕上げられたグリーンである。

 

最終ホールが、パー5じゃなくパー3、

逆転のイーグル狙いのパー5も、もちろん面白いが

トップがその位置を守れるかどうかの

難関パー3も、よりスリリングだ。

 

スポンサーリンク
 

思い出す感激の光景は5年前のこと、

2013年、第50回記念大会での

このホールでのことだ。

 

トップの位置でこのホールを迎えた

宮里優作と2位の呉阿順(中国)との差は3打、

宮里の初勝利には

ダブルボギーでもOKの状況だったのだが・・・

 

宮里のティーショットはグリーン左にこぼれ、

そこからの2打目アプローチは、

ハーフトップ気味に低く飛び出し

反対側のラフまで転がり落ちた。

 

ピンまでの距離はわずか6ヤード。

近い!

それもグリーン横から。

 

難しいアプローチが残った。

f:id:t6911:20181129062541p:plain

‘’とにかく上りのラインに付けて2パットでいきたい‘’

 

サンドウェッジを手にした宮里の3打目、

フワッと浮いたボールはピン上1,5Mに落ちた。

・・・そこからは怖ろしいほどの下り傾斜だ。

 

向きを変え、ゆっくりと動き出した球・・・

 

止まれ!

ピンに当たれ!

 

そして次の瞬間、

宮里と大観衆の願いを込めた白球は

意志を持つかのようにコトリとカップに沈んだ。

f:id:t6911:20181129114609p:plain

プロ11年目、

劇的なチップインパーでの悲願の初優勝、

涙を誘った感激のフィナーレでした。

 

 

果たして、今年はどんなドラマが

待ちうけているのでしょうか?

////////////////////////////////////////////////////////////////////

さらに今回は、テレビ中継する日本テレビ

国内スポーツ中継史上初の

「マルチ弾道システム」を初導入するといいます。

 

それは、18番ティーグラウンドの真後ろとホール側面から

選手達の弾道を瞬時に中継するシステムで

選手達のそれぞれの番手による攻め方や

持ち球、球の高低などが立体的に映し出されるというから

一層楽しみです。

 

他にも、見どころは盛りだくさんだ。

 

今平周吾が初の賞金王タイトルを獲得できるのか?

11人の初出場組の戦い方は?

どん尻で出場権を得た石川遼の大まくりは?

小平は、米ツアーでもまれた実力を発揮できるのか?

f:id:t6911:20181129120116p:plain

そして、

ユニークなスイングばかりが

取り上げられているが

その実力も決して侮れない

崔虎星(チェホソン)のプレーだ。

スポンサーリンク
   

この試合で今季も終わりかと思うと

何だか寂しくなる。

 

30人のそれぞれの想いとプライドを賭けた

最終決戦、

しっかり見届けたいと思う。