達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

分厚い芯食いインパクトは、左手首の角度を変えないことが大事。スウェイ防止にも大いに効果あるんだよ。

スポンサーリンク

 

 芯を食う、分厚いインパクトを得るには

アドレス時できた左手首の角度を

変えないようにスイングすることが大事です。

 

ã¯ãªãã¯ããã¨æ°ããã¦ã£ã³ãã¦ã§éãã¾ã

手首の角度がほどけてしまうと

手がアドレスの時より

体から離れてしまうことになり

インパクト時に力が充分伝わらず、

芯を食う確率もガクンと落ちます。

 

実際は、

ヘッドの重さや遠心力で左手角度は

ほどけてしまうけど、

極力角度を変えない意識がとても大事です。

 

そのためには、ダウンスイングに入ったら

左ひじが体の幅から外れないよう

自分のお腹に向けるようにスイングすることです。

 

そうなれば、手は体の近くを通り、

自然にフェースターンが行われ

力強いインパクトが得られます。

f:id:t6911:20181123185519p:plain

     タイガー・ウッズ

f:id:t6911:20181123185737p:plain

    ダスティン・ジョンソン

f:id:t6911:20181123190208p:plain

   ジャスティン・トーマス

 

マチュアの多くは、左手と左手甲が

真っ平らになっているけど、

どうですか? この3人。

 

しっかり角度が付いてるでしょ!

スポンサーリンク
   

実は、この角度を保つことには

もう一つ良いことがあるんです。

・・・それは、バックスイングのスウェイを防いで

くれること。

 

ぜひ、試してみて下さい。

 

スポンサーリンク