達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

⛳「カシオワールドオープン2018」石川遼、藤田寛之、小田孔明、それぞれの思いを胸に土佐に立つ!

スポンサーリンク

【カシオワールドオープン2018】

 

次週の日本シリーズJTカップには、

今季ツアーの優勝者と賞金ランク上位の

30名しか出られないため、来季のシード権を

めぐる戦いは、事実上この大会が最終戦となる。

すでに、予選組み合わせが発表されているが、

私が注目したいのは、やはりこの組だ。

 

⛳ 石川遼、藤田寛之、小田孔明

3人合わせてツアー40勝(メジャー4勝)の

凄い組だ。

f:id:t6911:20181121083920p:plain

石川の所属先は「CASIO」、

そう、大会ホストプロである。

頑張らざるを得ないのである。

 

長引くショットの不調で淡白なゴルフが

目立った最近の石川だったが、

先週の‘’ダンロップフェニックス‘’では

最後まで粘りを見せ、

最終的には24位に留まったが、

最終日は67を出してみせた。

 

これは、順位以上に石川に勇気と自信を

与えたのではないだろうか?

スポンサーリンク
   

スイング以上に、心の持っていき方一つで

ゴルフは変わる。

 

プロ転向後の初優勝からはや10年、

27歳になった‘’ハニカミ王子‘’は、

南国、高知で生まれ変われるのか?

f:id:t6911:20181121084508p:plain

藤田寛之は2012年、

小田孔明は2014年の賞金王である。

 

実績は十分すぎるほどだが、

ここ数年はともに精彩を欠き、

ともに2014年以来勝利から遠ざかっている。

 

スイングへの迷いや不信感、体調の変化で

いとも簡単にゴルフは崩れていく。

f:id:t6911:20181121084729p:plain

 しかしここにきて、

二人とも復調気配にある。

 

藤田は、先月の日本オープンでは5位に食い込み、

難コースでの戦い方は、やはりさすがだと思わせた。

 

小田は、結果的には29位に落ち着いたが、

先週のダンロップフェニックスでは

久しぶりの首位発進を果たしている。

気分が悪かろうはずがない。

まして、今大会は小田が08年初優勝を

飾った思い出深い試合である。

f:id:t6911:20181121090306p:plain

     kochi黒潮カントリークラブ

もやもやしたこの1年を吹き飛ばせ、石川、

不惑を迎えた小田、

来年からはシニアツアーの藤田、

 

   「いざ、戦わん!」

それぞれの思いを胸に、土佐に立つ。

 

スポンサーリンク