達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

楽々フィニッシュがとれる極上の振り抜きは、実は、右ポケットにあり?

スポンサーリンク

ピタッとフィニッシュが決まる、

プロやトップアマのスイング、

見るからにバランスがいい。

憧れです。

f:id:t6911:20181111181413p:plain

それに比べて大多数のアマチュアは、

‘’打っておしまい‘’のスイングで

うまくフィニッシュが取れないでいる。

後付けのフィニッシュをくっつける人は

ちょっとセツナイ。

 

打っておしまいの人、

叩く癖がついてしまっている人、

つまり、しっかり最後まで振り抜けない人、

 

でもこれだと、飛距離が出ない、

高さが足りない、そして曲がる。

 

上手い人は必ず体の回転が

出来ている、これは間違いない。

その反対に、

ボールを打とう、打とうと思えば思うほど

体は止まってしまう、つまり回転出来ない。

 

プロのスイングをよく見ると、

下半身が先に回転し、

後からクラブが下りてくる(付いてくる)。

だから一気にスパーンとフィニッシュまで

もっていける。

この感覚、とても大事だと思う。

スポンサーリンク
   

ではどうしたら

気持ちよく振りぬけるのか?

一気にフィニッシュまでもっていけるのか?

       

これまで、

ダウンスイングに入ったら、

※左尻を素早く後ろに引く

※左腰を下に降ろす感覚

※腰の水平回転、

とか、いろいろ提案してきたが、

 

こんな考え方はどうだろう?

f:id:t6911:20181110171043p:plain       

ダウンスイングに入る瞬間、

右ポケットを正面に向ける

 

その場でちょっと試してほしい・・

 

腕を振ろうとしなくても

勝手に、そして一気に

フィニッシュまでもっていけませんか?

下半身がスイングをリードする、

そんな感覚ありませんか?

 

もし、手ごたえがあれが、

しっかり練習場でタイミングをつかんで下さい。

 

ただし、グリップを強く握らないことを

忘れないようにね!

 

スポンサーリンク