達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

練習帰りに出会った‘’深まりゆく秋‘’ 前回落ち込んだ達人の気分もすっかり回復?

スポンサーリンク

 

スコアも気分も凹んでしまった

前回のラウンド。

 

早く嫌なイメージを払拭しなければ・・

www.tatsujin72.com

 

アイアンショットに、2つのテーマを掲げて

練習場へ出かけた。

f:id:t6911:20181029105503j:plain

㈠ 手は常に体の正面に置く

 フィニッシュをしっかりとる

 

恥ずかしいほど、基本的なことだ。

 

なぜ、アイアンショットかというと、

それは、アイアンがゴルフの肝であると

私は信じているから。

 

一回のラウンドで、使用回数が一番多いのが

アイアンだし、

セットの中で本数が一番多いということは、

ちゃんと距離の打ち分けをしなさいということ。

 

そのためには、どのアイアンを手にしても

常に同じスイングが必要なんだろう。

とても難しいことだけど、

意識は必要でしょう。

 

「スコアを出したいなら、

パーオン率を追及しなさい」

昔、先輩に言われた言葉も

常に胸に引っかかっていた。

 

そのために、

もう一度、初めに戻ろうと思ったんだ。

 

ごめん、

前置きが長いね、

 

スポンサーリンク
 

果たして、練習の成果はどうだったのか・・・?

 

手は体の正面に置くってことは、

手打ちになっちゃダメだってこと。

 

ウン! それはいいだろう。

 

問題は、

気持ちよくフィニッシュがとれないということ。

なんか、伸び上がっている、収まりが悪い。

 

いろいろやってみた。

 

左足体重。

左手リード。

右手グリップは添えるだけ。

ダウンで左腰を少し下げる感じ。

ダウンで左肩が上がらないように。

ボールに当てにいかず、一気に振り切る・・

 

もう一つだな↝

 

 ちょっと、☕

コーヒーブレイク

 

何気なく、他の打席で打っている人を

見ていた時、ハッ!と思い出した。

 

💡 腰の水平回転だ

 

地面に対して、ベルトが水平に回るってこと。

 

悪いときは、ダウンスイング以降、左側が

上がってしまう。

すくい打ちになっているということ。

 

さっそく打ってみる、

いい。

ついでに、低いフィニッシュというのはどうだ?

 

いいね。

腰が水平に動けば、フィニッシュも低く収まる。

繋がっている。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

しかし、思えば、

かつて、やってたことばかり。

 

ゴルフも長年やってると、

それなりに打ててしまう。

だから、厄介なんだ。

 

やみくもに進んで道に迷うより、

一度、戻ることが大切なのかな。

 

正しい道が分かったり、新たな発見もあったりして、

以前より速いスピードで前進することが

できるかもしれない。

f:id:t6911:20181029105826j:plain

 練習帰りの秋。

 

「今日は、残りの人生の始まりの日」

誰か言ってた、

 

そうか。

 

そうだね。

 

 

 

スポンサーリンク