達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

稲森佑貴にメジャー制覇をもたらした「進化系2ボールパター」は、再び脚光を浴びるのか?

スポンサーリンク

初優勝を、

日本オープンというメジャーで

飾った稲森佑貴(24)

 

その優勝の要因は、

 

15年からトップを守り続ける

フェアウェイキープ率にあることは

間違いないでしょう。

 

‘’絶対曲げない男‘’と呼ばれる所以だ。

 

ティーショットで曲げていたら

日本オープンのような厳しいセッティングでは、

グリーンを捉えることが特に難しい。

 

ラフが深ければ出すだけ、

そうじゃなかったらフライヤーも厄介で、

生い茂る木々がスタイミーになることもある。

:::::::::::::::::::::

 

そしてもう一つ、勝因を挙げるとしたら

やはりパッティングではないでしょうか。

 

広く難解なグリーンで、読みもタッチも

素晴らしかった。

 

それを可能にしたのが、

稲森が長年慣れ親しんできた2ボールパターだ。

f:id:t6911:20181017090644p:plain

       稲森佑貴

 

初代のホワイトホット2・ボールが発売されたのが

今から13年前。

インパクトへの意識も減り

ラインの合わせやすさで大人気パターとなった。

 

現在、その人気は少し下火になったとはいえ、

今でも使用しているプロは多くいます。

 

今大会でも、3位タイの岩田寛、10位タイの藤本佳則

賞金ランクトップの今平周吾や松村道央らも

2ボールパターを手にしています。

f:id:t6911:20181017102348p:plain

       今平周吾

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

稲森が現在使用しているのが、

【オデッセイ「O-WORKS」パター2ボールファング】

というモデル。

 

f:id:t6911:20181015175750p:plain

メーカーの説明によると、

 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」により

インパクト後すぐに順回転がかかり

結果として方向性や距離感が安定するとある。

 

良さそうなのは分かるけど、

パット下手がバレちゃう、

なんか、カッコ悪い、

バッグの中でかさばる・・・

 

変な理由をつけて、

私も2ボールパターを遠ざけていたけど、

なるほど使ってみたくなるね。

 

特に、ショートパットに難がある人は

いいと思うな。

f:id:t6911:20181017100921p:plain

 ボールを3つ並べて・・・引いて・・・

もう一回3つボール並べる感じ?

 

パターとボールの両方にラインを

入れれば、なおさらターゲットに合わせやすいし

狙い通りに打ち出せるかも・・

 

どうです、コレ?

3パットなくなる?・・かもね!

スポンサーリンク
   

スポンサーリンク