達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

パットの名手、鈴木愛の言葉「テークバックは気にしなくていい」・・大いに気になるね。

スポンサーリンク

 

「パッティングの時、

 テークバックは気にしなくていいんです」

 

パットの名手、鈴木愛の言葉だ。

f:id:t6911:20181003193037p:plain

 

「大事なのは、

インパクトとフォローで、その前提として、

真っすぐ立つことが必要」とも語っていた。

 

マチュアの大半は、ショットを打つ時

右を向きがちで飛球線に対して

真っすぐ立てていない。

 

パッティングの時も同様で、

右を向いたまま無意識に

外から内に引っかけ気味に打っている。

だから、カップインしない。

 

カップインしたなら、それはたまたまで、

パッティングとしては、失敗パットだと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いきなりアドレスに入らないこと。

 

必ず、ボールとカップを結んだ延長上に正対してみる、

それだけでも、右を向きすぎることは

避けられる

 

もしくは、左足を少し後ろに引いて

オープンに構えてみてもいい。

スポンサーリンク
   

真っすぐ引くことばかりに

神経をとがらせている人がいる・・

実は、私もそうでした。

 

真っすぐ引くことができたとしても

真っすぐボールに当てられる保証はないし、

 

テークバックに気を取られすぎると

インパクトがぼやけてしまう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^

大事なのは、

ライン上にスパット(目印になる地点)を

見つけ、

 

パターのフェース面は、このスパットとボールを

結ぶラインに対して直角にし

そこを通すことに集中することなんだ。

f:id:t6911:20181003192148p:plain

 

それが、鈴木愛の言うところの

インパクトとフォローということなんだろう。

 

たとえ短いパットでも

このルーティンを崩さないこと。

 

愚直にやり続けることなんだ。

 

だって、パッティングは

スコアの30パーセント以上を

占めてるんだからね。

 

スポンサーリンク