達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

誰だ!バンカーショットはアプローチの3倍って言ったのは?もう少しゆっくり振ってみたら・・?

スポンサーリンク

 

この写真は、

旭国際湖山コースの、

9番ホールを見渡せる

レストランから撮ったもの。

f:id:t6911:20181001073846j:plain

 

 昼食を摂りながら、

何気なく外の景色を眺めていたら

何組か後の一人の男性が

バンカーに入っていくのが見えた。

 

‘’あの人も打ち込んじゃったか・・‘’

かなりのベテランゴルファーと見受けられる。

 

どれどれ、お手並み拝見といこう。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

9番は、ゆるい打ち下ろしで、400ヤードほどのミドルだが、

意外と乗らないし、2打目上手く打ったと思っても

グリーン左手前のバンカーによく掴まってしまう。

 

その日、私も、そのバンカーに打ち込んでしまった。

 

アゴも高くないし、

チョコンと出せば寄りそうだけど、

ザックリも怖い。

 

ピンまでは10ヤード程、

2グリーンなので小さいし奥行きもない。

 

早く出したい。

一刻も早く、ここから逃れたい。

とにかく、いつまでもここに居たくない。

 

さーてと!

前半最後、しっかり締めなきゃ。

 

そこで、あの金言が降りてきた。

【バンカーショットは、アプローチの3倍】

あれです。

皆さんも、ご承知のやつです。

 

私も言われた言葉をけっこう守るタイプ。

10ヤードだから30ヤードのアプローチと

思えばいいんだな。

 

素振りを2,3 回

よし、これくらいか?

 

「カツ―ン!」

「ア!」

 

ハーフトップさせて、

グリーン奥に打ち込んでしまった。

スポンサーリンク
   

さて、話を戻しましょう。

 

同じバンカーに打ち込んだ紳士は

どうだったのか?

 

素振りなし、チラッとピンを見て、

軽くポンと打ったショットは、グリーンに落ち

ゆっくりと転がりピンそばへ。

 

御見それしました、

お見事でした。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

そこで、私は気付いた、

 

バンカーショットは

もっとゆっくり打っていいんだって。

 

3倍なんて思うから、

スイングスピードが速くなったり

強く砂を打ち付けたり。

 

そもそも、3倍ってどっから来てるんだ?

 

普通に10ヤードと思って対処したほうが

ピンに寄る確率としては高いんじゃないか?

 

スピードを落として打つのは

勇気がいるけど、少なくとも

トップはなくなるし、

ヘッドを入れる位置もバラつかない。

 

距離感はフェースの開閉で補い、

スイングスピードは、見た目だ。

 

10ヤードなら10ヤード、

30ヤードなら30ヤード、90ヤードじゃない。

f:id:t6911:20181001101411p:plain

親のかたきとばかり、

バシーンを打ち付けているけど

全然ボールがバンカーから出ない人、

けっこう見かけます。

 

「3倍」の弊害であり、

強く砂を叩こうとするから

クラブが鋭角に下りてきて、

ヘッドがもぐるだけなんだ。

 

ゆっくり打とうとすれば、鈍角になり

ヘッドは手元より先に行く。

 

もちろん、

合う、合わないはあると思うけど、

試してみる価値大有りですよ。

 

‘’なんだ、ゆっくり振っても出るじゃん!‘’

この感覚を味わってほしいな。

 

私は、あれ以来、

見ず知らずのあの紳士を

バンカーショットの師匠と呼んでいます。

 

 

 

スポンサーリンク