達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

【日本女子オープンゴルフ選手権】‘’黄金世代‘’を猛スピードで追いかける‘’ミレニアム世代‘’それを代表する6人娘とは。

スポンサーリンク

女子ゴルファー日本一を決める

「日本女子オープンゴルフ選手権」

 

畑岡らの日本人プロや協会推薦の海外からの強豪に交じり

堂々と戦いを挑んでいる娘たちがいる。

 

マチュアの精鋭、

日本ナショナルチームの6人だ。

 

畑岡奈紗勝みなみ、新垣比菜、小祝さくら、

松田鈴英、原江莉花、三浦桃香などの

『黄金世代』と言われる選手達に続く、

いわゆる【ミレニアム世代】と呼ばれる選手達である。

 

その6人を簡単に紹介しておこう。

 

世界女子アマで個人2位、国内プロツアーに

出場した5試合ではすべてトップ15位に入り、

最高位は3位と、もはやプロをも凌ぐ活躍ぶりの

安田祐香(兵庫:滝川二高)

f:id:t6911:20180928065959p:plain

       安田祐香

 

安田と同じく滝川二高の、

本年度関西女子アマ優勝の

古江彩佳

f:id:t6911:20180928113822p:plain

       古江彩佳

 

日本女子アマと日本ジュニア選手権の

同一年制覇を飾った

吉田優利(千葉:麗澤高)

f:id:t6911:20180928081655p:plain

       吉田優利

 

昨年の国体個人戦優勝の

西村優菜(大阪:大商大高

f:id:t6911:20180928082444p:plain

       西村優菜

 

日本女子アマで昨年2位、今年11位タイの

佐渡山理莉(沖縄:名護高)

f:id:t6911:20180928114226p:plain

      佐渡山理莉

 

昨年の日本女子オープンでローアマを獲得した

小倉彩愛(岡山:操山高)の

6人である。

f:id:t6911:20180928082125p:plain

      小倉彩愛

スポンサーリンク
   

チームを率いるオーストラリア人コーチ、

ガース・ジョーンズ氏は、準備の大切さを

説いている。

 

試合に出るばかりではなく、トレーニングの時間を

しっかり確保すること。

一つの試合を特別視するのではなく、どの試合も

平常心、同じルーティンで臨むこと。

コースの中では、グリーンの傾斜を把握し

上りの真っすぐのラインを見つけ、

外してはいけない所を明確にするなどして

本番に備えること。

 

合宿をはり、厳しいトレーニングを積み、

世界水準の強化プログラムを

こなす彼女たちが見据えるものは、

間違いなく次代のトッププロ。

 

女子ゴルフ界の新陳代謝

怖ろしく速い。

あと2,3年も経てば、すっかり様変わりして

いるのかもしれない。

 

ツアープロたちの生き残り競争にも

ますます拍車がかかるだろう。

 

日の丸の入った揃いのウェアで

今大会を戦う6人は

これからも多くの視線を集めるでしょう。

www.tatsujin72.com

スポンサーリンク