達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

‘’トニー・フィナウ‘’のスイングを見て思い出したぞ。そうだ!スイングのすべては、左肩から始まるんだ!

スポンサーリンク

いよいよ始まりましたね

PGAツアー最終戦

【ツアーチャンピオンシップ】

f:id:t6911:20180917120056p:plain

タイガーは好発進、松山も持ち直してきて

随所にさすがのプレーを見せていました。

 

超一流選手たちの質の高いプレーが

次々と画面に流れる、見応え十分だ。

 

そんな時、

‘’トニー・フィナウ‘’のティーショットに

画面が切り替わった。

f:id:t6911:20180921183503p:plain

そのスイングを見て、

私は、ハッと気が付いた。

 

そうか!

今さらだけど、大切なコト、忘れてないか?

 

やっぱり、他の選手達も、当たり前のように出来てる。

 

それは・・・

 

テークバックで、

左肩が地面と平行に(もしくは少し下向きに)

飛球線後方に引かれているということだ。

 

我々、アマチュアはどうなんだろう?

 

コースや練習場で見る限り

多くの人(特にゴルフを始めて間もない人)は

手が主体のテークバックになっている。

 

手でヒョイと上げる、

あるいは、右肩に担ぎ上げる感じ、

コレ、一番やっちゃいけないことだ。

 

これだと、左肩は地面と平行に動かず、

ただ、上にあがる格好になる。

 

そうなると、ダウンスイングで

体の回転を使えない。

手だけで打つしかない。

結果、アイアンはダフりやすいし、

ドライバーはテンプラだ。

 

もちろん、手の働きは重要で欠かせない、

パンチ力を加えたり、

微妙なコントロールなど、

クラブさばきには無視できないものだ。

 

しかし、悲しいかな、手だけじゃ飛ばない。

カット打ちの危険性もはらんでいる。

スポンサーリンク
   

昔、よく言われたものだ。

「飛ばしたければ、しっかりアゴの下に

 左肩を入れろ」って。

でも、もう、それは私には無理、

体も硬い。

 

でも私の場合で言えば、

左肩を少し下に押し込むようにテークバックすると

ムリなく、過不足ないトップが作れる。

 

トップを作ろうとしなくても

自然とトップが出来ちゃうというのが正しいかも。

 

 不思議!

 

ねじれもこれで充分、

ここまでくれば、ダウンスイングは

体が勝手にねじり戻る。

 

背中の大きな筋肉が使えるということ、

飛ばすためには、必要な筋肉である。

 

手だけで打つより、

力強い球が打てるってことだ。

スポンサーリンク
   

左脇を軽く締めて、

左肩から始動する。

f:id:t6911:20180921191406p:plain

 

この左肩主導のスイングで

あなたのゴルフ、

 

きっと変わりますよ。