達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人の私的考察:フェースターンは「グリップエンド」がつくる!?

スポンサーリンク

 

 小雨が残る中、いつもの練習場へ。

 

しばらく打ってから、コーヒーブレイク、

周りで黙々と修行に励むオジサマ方を

何気なく眺めていた。

 

 やっぱり‥気になる。

手や体の動きが大きすぎる?

 

飛ばそうと一生懸命だけど、

思いと結果が反比例しているようだ。

 

もっと、理にかなった、

もっと小さな動きで大きな効果を得られないものか?

スポンサーリンク
   

そうだ!

そうなんだよ、

手の先じゃなく、手元なんだ。

 

【グリップエンド】に意識をもっていったらどうだ?

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

グリップエンドの動きを小さくすれば

逆に、クラブヘッドの動きは大きくなるはず。

 

 

f:id:t6911:20180907121050p:plain

インパクト直後は、飛球線後方から

グリップエンドが見えなければならないんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

インパクトから、素早くグリップエンドが

後方に指すようにスイングしてみる。

 

そうすると、インパクトで頭が残る、

いわゆる‘’ビハインド・ザ・ボール‘’の形になる。

 

この形は、飛距離も伸ばす。

クラブヘッドと体の引っ張り合いが起こるからだ。

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

 

後方から見て、グリップエンドが見えないスイングは、

 

オジサマ方のように、体が回転しすぎるか、

三角形を崩さずに振ろうとする意識が強すぎるため、

球を持ち上げるスイングになっているから。

 

☕ コーヒーブレイクしてる場合じゃない。

 

スポンサーリンク
 

もちろん、練習が必要だけど、

タイミングが合ったときは、惚れ惚れする球が出る。

 

バックスイングは小さくていい、

 

グリップエンドを後方に向ければ勝手に

必要かつ十分なフェースターンが勝手に起こる。

 

この感覚を身に付ければ、今までの

半分くらいのスイングで飛距離も方向性も

得られる感じがする。

 

フェースターンが上手く出来ない人、

フェースターンが遅れて球を掴まえきれない人、

 

ぜひ、試してみてほしい!