達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

キレのいいショットを手に入れるために、アン・ソンジュから学ぶ、大切な3つのこと!

スポンサーリンク

先週の

‘’ニトリレディスゴルフトーナメント‘’

 

開催コースは、難攻不落の北の名門、

‘’小樽カントリー倶楽部‘’

 

 

今回はさらに台風の影響で難易度を

増したなか、アン・ソンジュがただ一人

4日間ともアンダーパーを記録して圧勝。

スポンサーリンク
   

その強さの秘密は、以下の3点に凝縮されるでしょう。

 

テークバック

 

最大のポイントは、

右手が常に左手の上にあることです。

 

こうすれば、クラブはタテに上がります。

 

アン・ソンジュは、クラブを体の正面に置き、

コックを入れながら、飛球線後方(若干、アウト気味に)

クラブを上げていきます。

 

      鈴木愛と比較してみましょう

f:id:t6911:20180831065943p:plain

  アン・ソンジュ          鈴木愛

 

鈴木愛の場合は、フェースを開きながら

背中側にクラブを持って行ってますね。

 

これをしちゃうと、左手が右手の上にきちゃう。

右肩もそれにつれて下がる。

 

そこから、手でトップ(上)まで上げないと

球は打てないということになる。

 

アン・ソンジュが、ワンピースで、打つ体勢を素早く

作れるのに対して、鈴木は二段モーション

つまり、一作業多い。

 

簡単に言えば、

アンソンジュはシンプルなスイングで、

鈴木は複雑なスイングだ。

 

右肩は絶対落としちゃいけないんだ。

 

どちらが、スイングの再現性が高いかといえば

もちろん、アン・ソンジュに軍配が上がるでしょう。

 

インパク

 

アン・ソンジュのキレのいいショットの

二つ目の秘密は、

インパクト時の左ひじ頭にあるとみた。

 

ダウンスイングに入ったら、素早く左ひじ頭を

地面に向ける意識を持つことだ。

 

そうすると、体の正面で一瞬のうちに、手が入れ替わる、

歯切れのいい、フェースターンが行われるのである。

 

ヘッドが

走る、走る。

 

右手で打つ意識が強すぎると、

左ひじは飛球線方向に流れてしまう。

 

これでは、ヘッドを走らせることは出来ません。

f:id:t6911:20180831070713p:plain

 

● 力を入れて打ってるつもりなのに飛ばない

 

● 短いラフなのに、「ザザーっ」と音がするばかりで、

  全く飛ばせない

 

● 体重移動を使って打ってるのに、球は弱々しい

          ⇊

そんな人は、やっぱりヘッドが走っていない。

 

ヘッドの加速には、もちろんフェースターンが

必要だけど、またそれも意識しすぎると

右手ばかりがしゃしゃり出る。

 

左ひじ頭を素早く地面に向けることを

考えたほうが、結果、左手主導のバランスの良い

スイングに導いてくれるし、ヘッドも驚くほど

加速するんです。

 

そして、最後の秘密は・・・

 

③ベタ足スイング

f:id:t6911:20180831070249p:plain

《ベタ足スイング》

・・・テークバックからフォローまで

   右足かかとを浮かさずにスイングすること。

 

フォローまでといっても、

かかとが浮かないのは左腰の辺りまで。

そこからは、クラブに引っ張られて

かかとは自然に上がっていきます。

 

ベタ足スイングの最大の利点は、

軸が前後左右に移動しないこと

 

当然、インパクトが安定する。

 

それが、結果的に飛距離も方向性も

保障してくれる。

 

足の裏でがっちり地面をつかむイメージを

もつことでしょう。

スポンサーリンク
   

 

申ジエやイ・ボミ(現在は調子を落としているけどね)、

男子では、キム・キョンテ選手なども

ベタ足スイングですね。

 

韓国人選手の強さの秘密の一端は

ここにあると言ってもいいでしょう。

 

取り入れて損はなさそうです。

 

www.tatsujin72.com

 

アン・ソンジュが欠場する今週(ゴルフ5レディス)は

申ジエの番かもしれませんよ!?