達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

鳥取の新名所『すなば珈琲』も、今や県内に8店舗。でもその中には、ちょっと‘’問題あり‘’の店舗あり?

スポンサーリンク

鳥取市すなば珈琲がオープンしたのは、

今から4年前の4月のこと。

 

 

全国の都道府県で唯一、

アメリカ発のコーヒーチェーン『スターバックス』の

店舗がないことを逆手にとって、

平井鳥取県知事が、

鳥取にはスタバはないけど、日本一の砂場がある」と

発したダジャレPRをきっかけに生まれました。

f:id:t6911:20180810194736p:plain

現在、すなば珈琲

県内に8店舗を構えるまでに成長を遂げ、

観光客にも大人気ですが、

f:id:t6911:20180811105710j:plain

鳥取駅前店』と、郊外の『コナン空港店』の2店舗以外は

割と地味なローケーションに位置し、お客さんもまばら、

極端に力の入れようが違うようです。

 

資源の集中か分散か?

難しいところだろうけどね。

 

今回は、

その中でも特に来店客が少ないであろう(ごめんなさい)、

国府万葉の館店』に行ってみた。

 

隣接する‘’因幡万葉歴史館‘’も渋いが、

ここもなかなかの渋さである。

f:id:t6911:20180811104456p:plainf:id:t6911:20180811104643j:plain

因幡万葉歴史館

奈良時代平安時代因幡国国府が置かれていた

当地(現:鳥取市国府町)に立地し、当地ゆかりの

大伴家持万葉集歌人因幡国の歴史民俗文化に関する

資料を展示している。

スポンサーリンク
   

会計は、厨房内が丸見えの小さなカウンターで前払い、

これには驚いたが、

さらに驚いたのは、

お冷とおしぼりがセルフサービスだったことだ。

 

学生街の食堂?

駅ソバ?

f:id:t6911:20180811105521j:plain

よく見れば、従業員は、年配と若手の女性二人のみ、

 

だからか・・・納得。

 

お願いしたのは、モーニング(税込み540円)、

朝まだ早いので、選択の余地はない。

 

モーニングもこれ1種類のみ、

コーヒーもホットのみ。

いさぎよく応じるほかはない。

f:id:t6911:20180811105553j:plain

わかるかな?

 

給食に出てくるような、容器をプチっと半分に折ると、

マーガリンとジャムが一緒に出てくるやつ・・

 

そう、それです!

選択の余地は残されてはいないのだ。

 

ブチュっと出た赤と黄色をとりあえず、

トースト一面に延ばしたいけど、バターナイフもない、

f:id:t6911:20180811105614j:plain

そこで、テーブル脇に置かれた

割り箸を使って塗ってみた。

 

凄いでしょ!グラスにパンパンの割り箸だよ!

 

綺麗な画じゃないけど、仕方ない。

 

トースト、ゆで卵、オレンジ一切れに

キャベツの千切りサラダ・ハム添え。

 

まあ、普通、

これしか言いようがない。

 

ただ、コーヒーは美味しく感じた。

ここ最近、アイスコーヒーばっかり飲んでいるから

ホットコーヒーの香りが際立った。

f:id:t6911:20180811105643j:plain

しかし、

しかしだ。

 

店舗の前は、草ボーボー、

入口横の看板も草で見えずらいほど。

 

こりゃ、ダメだね、

一番ダメだ。

 

店舗が多くなればなるほど、

質とサービスの均一性を保つことは

難しい。

 

それは、よく分かるんだけど・・

 

客商売は、何より‘’清潔感‘’が優先する

昔、教わった言葉だ。

 

まず、草むしりをしませんか?

そこから、すべてが始まるような気がするんだけど。

 

スポンサーリンク