達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

村上春樹氏の言葉から探る、ゴルフをめぐる冒険と意味がなければスイングはない、ということ。

スポンサーリンク

■ 小説を上手く書けるようになるのは・・

 

「下半身をしっかりさせると、上半身が柔らかくなる」

 

上手く書けるようになるのは、

 

「下半身が大切だ」と、村上春樹は言った

f:id:t6911:20180806125056p:plain

その為に、ここ35年、

年に一回はフルマラソンをこなしているという。

 

下半身がしっかりさせれば、

小説が上手く書けるかは、

正直、私の理解の域をはるかに超えているけど、

 

ゴルフにおいては、

間違いなく当てはまるでしょう。

 

■ ゴルフと下半身

 

「下半身をしっかりさせると、上半身が柔らかくなる」

 

柔らかくなるとは、

使えるようになるという意味だろう。

 

ゴルフで、土台(下半身)がグラグラしていたら

手を振れないということだ。

 

体は一生懸命ダイナミックに動かしているけど、

ちっとも飛ばない人、

練習場でよく見かけます。

スポンサーリンク
   

■ ちっとも飛ばない人は・・

 

そんな人は、手を振れていないから。

 

常に体ばかりが先行して、

手の振りが付いてきていない。

 

過去に何度か言ってきたことだけど、

下半身リードという言葉が

ゴルフをミスリードしている。

 

もっと手を振る意識が必要だと思う。

f:id:t6911:20180806132736p:plain

そのためには、

ほんの少しでいいので

体の重心を下におろす意識が必要です。

 

たったそれだけで

土台がしっかりしてきます。

 

これで、準備はOKなんです、

手が使える(振れる)ようになります。

 

棒立ちだと、強く振れません、

バランスが崩れるからです。

 

■ 力強いスイングのためのアドレスとは

 

重心を少し下におろし、

上半身は、背中を丸くするアドレスではなく、

胸を開いて、両肩と尻から上の背中の部分を

一枚の板に見立ててスイングすることです。

f:id:t6911:20180806134130p:plain

その板が大きくゆがんだり、

割れたりしないような

スイングを意識して下さい。

 

そうすれば、驚くほど力強く、かつ速い手の振りが

得られるでしょう。

 

ちょっとした冒険で、

違う世界が広がること、

きっとあると思いますよ!

スポンサーリンク