達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

最大飛距離が得られるというドライバーの`’激芯`’、あなたはどこだか知ってました?

スポンサーリンク

`’激芯`’って言葉、

知ってました?

 

ゴルフの記事を多く書いていながら、

恥ずかしいことに、

私は、つい最近まで知りませんでした。

一応参考までに、

激芯の説明をしておきましょう。

 

「激芯」とは・・・

 

ドライバーで、最も飛ばせる打点位置のことで、

いわゆるスイートスポットよりも

少し上でさらにトゥ寄りの位置をいう。

f:id:t6911:20180802103740j:plain

この部分で球を捉えると、

打ち出し角が高くなり、

スピン量も抑えられ、

さらにドロー回転がかかりやすく

飛ばしやすくなるということらしい。

////////////////////////////////////////////////////////////

私がゴルフを始めたころ、

ドライバーのヘッドはパーシモン(柿の木)で、

ヘッド体積もかなり小振りであり、

シャフトは、硬くて重いスティール製でした。

 

芯を外すと全く飛ばないので、

飛ばすためには、ヘッドのトゥ寄りで打ち、

ドロー回転をかけるというのが当時の常識でした。

 

現代のドライバーはヘッドも大きくなり、

それに伴って、芯(スイートスポット)も広くなり

フェースのどこの部分で打っても、

極端な飛距離の差は出ないというのが

最大の利点だと思うけど、やはり今でも、

若干トゥ寄りが一番飛ばせる位置なのだろうか。

スポンサーリンク
   

ところで・・・

 

つい最近、

ツアー8勝、2014年の賞金王、

小田孔明に関する

衝撃的(?)なニュースが飛び込んできた。

 

所属先のヤマハ

クラブフィッティングを行った際、

現在使用のドライバー(ツアーワールド737)に挿してある

シャフト(ヴィザードEX-65の)を今のXからXXの

中間(表記はX)の硬さに変えたら

今までよりも振っていけるようになり

飛距離も30ヤード伸びたというニュースである。

 

30ヤード?

 

ホンマかいな?ヤマハだよ!) 

(冗談を言ってる場合じゃないね)

 

しかし、30ヤード増とは、いささかエゲツナイ。

 

もちろん割り引いて考えなければならないけど、

最近、ヤマハに貢献していない小田の

健気なリップサービスだと許してあげましょう。

 

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

 

さらに、小田は興味ある発言をしていた。

 

今まで、飛ばせなかった原因として

打点がトゥ寄りに大幅にズレていたというのだ。

 

アレ?

 

矛盾?

 

トゥ寄りって飛ぶんじゃないの?

「大幅に」がミソ?

 

インサイドアウトのスイングになりすぎていると

フェースのトゥ寄りに当たると言われている。

 

小田の場合は、チーピン気味の球が

多かったということだろうか?

 

まあ、原因が分かれば、目の前の霧も

一気に晴れる。

 

単純に+30ヤードなら、

小田はドライビングディスタンスでいきなりトップだ。

www.tatsujin72.com

 

飛距離が出るからって、

即勝てるわけじゃないだろうけど・・

 

さあ、どうなりますか?

 

これからの試合は、小田孔明に注目ですぞ!

スポンサーリンク