達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

苦手なショートホールをやり過ごす、達人のとっておきの方法、心の持ちようとは?

スポンサーリンク

ショートホールを苦手にしている人、

意外と多いんじゃないかな?

 

そういう私も、

情けないかな、

同じホールで同じ失敗を

繰り返している。

 

ショートホールがうまくいったときは

全体的なスコアもいいし、

スコアが悪い時は、かならずショートホールが

邪魔をしている。

 

上手くいけばバーディもあるし、

池、バンカー、斜面、深いラフ、

グリーンの形状などのワナに

まんまとハマってしまい、

大叩きすることもある。

f:id:t6911:20180729155802p:plain

実は、 

ショートホールは、アマのみならず、

プロにとっても最大の注意を払うべき

難関ホールなんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そんなわけで、私の失敗も含めて、

その原因を探ってみたいと思う。

↧ ↧ ↧ ↧ ↧ ↧ ↧

何度も同じ失敗をしているホールは、

 

まずアドレスがしっくりいっていない事が多い。

ピタッと決まらない。

モジモジする。

いわゆる、`’なんとなく立ちにくい`’というやつだ。

 

そんなときは、

 

いつも、左手からアドレスに入る人は右手から、

逆に、右手からの人は左手から入ってみるのも

一つの手だろうし、

 

ティーアップする場所が

いつも同じというのも能がない。

 

そして、ティーグラウンドも平らとは限らない。

と、いうより必ず傾斜が付いていると思ったほうがいい。

 

足踏みしながら、傾斜の少ない場所を見つけることも

大切でしょう。

 

ティーアップに関しても、

ダフリたくないために、

異様に高いティーアップをする人もいる。

 

レベルに打てれば問題はないけど、

そんな人に限って急激に上から打ち下ろすので

当然ミスを頻発する。

 

又、とりあえず、アドレスを決めたあとに、

ピタッと静止して動かなく人もいる、

(人生には考えなければならないことが

多すぎるというのは、私にも理解できるけど)

 

そうすると

 

動き出しのときに、グリップや腕に

グッと力が入ってしまう。

 

スイングは、始動時がとても大切。

 

いきなり力が入れば、やはりミスを誘ってしまう。

0→1の部分で、いかにリラックス状態を

作れるかでしょう。

 

小刻みに足踏みしたり、体内でリズムを刻んだり、

グリップに強弱を付けたりして

常にどこかが動いている状態を作りたいですね。

 

つまり、このようにショット以前の問題で

ミスが起こることも大いにあるわけです。

スポンサーリンク
   

 

苦手なホールだと思えば思うほど、

テンポは早くなりがちで

スイングはぎこちなく、

結果も気になり、ヘッドアップしがちだ。

 

案の定・・・・`’やっちゃった!`’

ってことになる。

f:id:t6911:20180729162616p:plain

 

ここで、私の

`’とっておき苦手ホール克服法`’

お教えしましょう。

 

しかし、これはバーディを獲る方法ではありません、

悪くとも苦手ホールをボギーでやり過ごす方法

(うまくいけば、パーも十分あり得る?)

ですので悪しからず!

(手前にハザードがないホール限定ですけどね)

 

それは・・・いつもの番手から一つ下げるだけ

(いつもが7番なら8番に変えてみる)

 

始めからグリーンに届かないクラブを

持っているんだから、届かなくて当たり前。

 

ゴルフにおいて、この「届かなくて当たり前」という

心理状態は、ことのほか心地良いリラックス状態を

与えてくれます。

 

届かせよう・・

出来ればピンそばに・・

そんなプレッシャーは皆無です。

 

力む必要なしです。

 

「アレ?」

「意外とアゲインストきついのかな?」って

 口笛でも吹いてりゃいいんです。

f:id:t6911:20180729160700p:plain

それでも、ダメですって?

 

そんなときは、自分にこう

言い聞かせましょう。

 

「ミスしたところで殺されるわけじゃなし、

そもそも、みんな、自分のことで精一杯、

誰も、オレのショットなんか気にしていないさ」ってね。

 

www.tatsujin72.com

 

スポンサーリンク