達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

ツワモノどもが、北の大地でビッグタイトルを狙う!【日本シニアオープンゴルフ選手権】

スポンサーリンク

 

 プロシニアゴルフの最高峰

 

2018

【日本シニアオープンゴルフ選手権】

f:id:t6911:20180710102600p:plain

 

今年で28回目を迎えるこの大会は、

 

過去、

青木功が5勝、

金井清一、高橋勝成、中嶋常幸が3勝、

G・マーシュ、倉本昌弘、室田淳

P・マークセンが2勝と、

いずれも実力者揃い。

 

このそうそうたる顔ぶれをみれば、

この大会を勝ち取るには、

レベルの高い総合力が必要だということが分かる。

 

開催コースは、

`’二ドムクラシックコース・二スパコース`’

 

アイヌ語で、

二ドムは「豊かな森」、二スパは「首領」を意味する。

f:id:t6911:20180710103804p:plain

            13番ホール

 

今まで、数々のビッグトーナメントも繰り広げられ、

「ビューティフル&タフ」をコースコンセプトに

掲げている北の名門コースである。

 

予選2日間を終えて、カットラインは11オーバーと

大舞台にふさわしい難しいセッティングの中、

トップに立ったのは、

シニアツアー初参戦の業師、谷口徹だった。

 

50歳になったとはいえ、

レギュラーツアーでも

まだバリバリの活躍である。

 

今年の日本プロ選手権では、

大会最年長優勝を挙げるとともに、

ツアー通算20勝目(メジャー5勝)を記録している。

www.tatsujin72.com

 

平均260ヤード強と、飛距離は出ないが、

谷口の真骨頂はアプローチとパッティング。

 

リカバー率2位がそれを証明しています。

 

リカバー率・・パーオンを逃したホールでパー以上のスコアを記録した割合

f:id:t6911:20180713172518p:plain

その谷口のパッティングを長年支えてきたのが、

`’オデッセイ・ホワイトホット#5`’

 

2000年発売のマレットタイプである。

f:id:t6911:20180713172319p:plain

 使い続けている谷口にとっては、

抜群の信頼感があるのだろう。

 

打感が自分好みか?

ボールを打った強さと距離感が合っているか?

 

ピッタリの1本を見つけられたゴルファーは

幸せだ。

スポンサーリンク
   

頼りになる相棒を手にして

このまま谷口が突っ走るのか?

 

それとも、`’鉄人`’プラヤド・マークセンが

3連覇を成し遂げるのか?

www.tatsujin72.com

 

好調を維持している

久保勝美、寺西明、G・マイヤーらがそれを阻止するのか?

 

はたまた、

シニアルーキーの`’king of swing`’伊澤利光か?

www.tatsujin72.com

 

シニア参戦2年目の飛ばし屋川岸良兼か?

 

北の大地が熱く燃える!

スポンサーリンク