達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

知らぬ間に変貌してゆく街、コーヒー好きの私には、ご機嫌な町になったけど・・・。

スポンサーリンク

 

前回の記事では

近所にオープンしたばかりの

‘’コメダ珈琲店‘’を紹介しましたが、

 

 

今月末には、

さらに自宅近くに

‘’倉式コーヒー‘’ のオープンが

予定されています。

f:id:t6911:20180710183341p:plain

 

それだけじゃありません。

 

私の家の周辺では、

ドラッグストア

ディスカウントストア

オープンラッシュです。

 

それも、大きな駐車場を備えた

安売りを競う大型店ばかり。

 

庶民には嬉しいニュースだけど・・・。

 

不景気、

収入格差、

 

言うまでもなく、市の中心部は、

悲惨なほどのシャッター通りなってしまい、

祭日でも、メインストリートを歩く人影はない。

f:id:t6911:20180711114127p:plain

町の形は、刻々と変わっていく。

 

商業施設とは別に、

最近よく見かけるのが、

 

建設中の高層マンション

大規模病院の改築、増築工事である。

 

え? ここにも?

 

知らぬ間に、介護施設

あちこちに増えている。

 

病院や介護施設は分かる。

・・お年寄りだらけだ。

 

今のところは大丈夫だけど、

いずれは、私もお世話になるだろう。

 

マンションがやたら目立つようになったこの町に、

それでも尚、次々と建てられているわけは何だろう?

スポンサーリンク
   

街から奥まった

山村に住む若者たちは、

 

仕事のため、

利便性を求めて、

刺激が欲しくて、

町へ出て生活を始める。

f:id:t6911:20180711113749j:plain

移動手段を持たない

残されたお年寄りたちは、

買い物難民となり、

いざというとき、

病院にいくことさえままならない。

 

豪雨、地震、どこでも起きる。

 

特にこの地方では、雪も

心配の種だ。

 

 苦渋の選択をする。

 

家を捨て、古里に別れを告げて

市中のマンションに

終の棲家を見つけることになる。

 

子どもたちもその方が

安心にはちがいない。

 

山村の人口減少は止まらない。

 

人が住まなくなった家は

すぐ朽ちていく。

 

廃屋も目に付くようになった。

f:id:t6911:20180711115046p:plain

急激な過疎化、

限界集落

 

 ※限界集落・・人口の50%以上を

       65歳以上の高齢者が占める集落

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市内に一軒家を持つ人も、

子どもも独立し、夫婦で暮らすには広すぎる。

 

家屋の保全、固定資産税・・・

草木の手入れも、手に負えなくなって

マンションに住み替えることになる。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2020年、東京五輪までは何となく

世の中に流れるムードは上げ潮だけど、

それ以降が、とても気味が悪い。

 

良くも悪くも、

いろんなことが、劇的に変わるだろう、

そして・・

 

格差社会から超格差社会へ、

限界集落から消滅集落へ、

 

深刻な問題が 見え隠れする。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

 

いつの間にか、更地になった土地に

今日も、大きく響く槌音は、

 

何を暗示しているのだろうか?

 

スポンサーリンク
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーも病院も近くなったが、

それと引き換えに失ったものも

少なくないのではないだろうか。

 

四季の色も

通りすぎる風も

今までのような

ゆるやかで、あたたかい人づきあいも。

 

便利さは、

いいことばかりじゃないのかも・・

 

コーヒー好きの私には、

ご機嫌な街にはなったが、

 

さて、どうなんだろう?