達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

日本プロゴルフ界に今、思うこと。ツアーに未来はあるか?選手に気概はあるか?今こそ、19歳の彼女に学ぶべきだ!

スポンサーリンク

全米オープンで19オーバーでなすすべなく

予選落ちを喫した秋吉翔太が、

 

日本に帰るなり、20アンダーで優勝した、

先週の日本男子ツアー。

 

f:id:t6911:20180628071021p:plain

秋吉自身も驚くようなバーディラッシュだった。

 

秋吉の優勝にケチをつけるつもりは

毛頭ない、

 

世界最高難度のコースをプレーすることで

一皮も二皮もむけ、学習能力も高かった

秋吉を褒めるべきだろうけど、

 

はたして、これが、JGAが掲げた、

‘’世界に通用する選手を育てるような

コースセッティング‘’なのだろうか?

 

決勝ラウンドの3日目、

香妻陣一朗は60、石川遼は62、

近藤智弘は、4日目、63と、

とんでもないビッグスコアを

叩きだし、

64は、多数の選手がマークし、

70なんてスコアは、

叩いちゃったくらいの感じだった。

 

プロの持っている技量は

マチュアの想像をはるかに超える。

 

しかし、しかしだ。

 

これ、難しいコースなの?

 

本当に、世界に通用する選手を

育てるつもりでいるの?

 

易しい接待コースで、

バーディの大盤振る舞いを見せられたところで、

「キャー」、「キャー」

大喜びするほど、ゴルフファンもアホではない。

 

まるで、

コンセプトが一貫していないのである。

・・・・・・・・・・・・・・

足を引っ張る、片山晋呉しかり、

 

何かを勘違いし、

チグハグな迷走を続ける男子ツアー、

 

残念だけど、これが現状だ。

スポンサーリンク
   

次々と、新人が、優勝戦線に

食い込んでくるだけ

男子ツアーよりマシだけど、

 

何が何でも、優勝を勝ち取るとか、

絶対、ビッグネームを食ってやるといった

ガッツがみられない、

 

10位以内に入れたらいい・・

そんなことを考えて

プレーしているような・・

 

少なくとも

私にはそう見える選手もいる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

でも、彼女たちにとって、

ガッツなんて言葉は、もう古臭く、

ギスギス、ギラギラ稼ぐのも

カッコ悪い

 

今の楽しみは、オフ会のカフェで出会った

オシャレなスイーツをインスタにあげること。

 

良い悪いじゃない、

そんな時代なんでしょう。

 

日本では、

頭一つ抜けている鈴木愛にとって、

こんなに楽に勝てるし、

こんなに楽に稼げる魅力的な職場はない。

 

f:id:t6911:20180627192957p:plain

 ////////////////////////////////////////////////

今週、米女子ツアーは、

メジャー第3戦の

     【全米女子プロ選手権】

f:id:t6911:20180628065707p:plain

     会場の、ケンパーレイクスGCイリノイ州

 

そこに、その鈴木愛は出場しない。

 

参加資格があるにもかかわらずである。

 

メジャーほど、ゴルフ自体も自分自身も

成長させてくれる機会はない。

 

本当に、もったいない。

 

出ない理由はいくらでも付けられるだろう。

 

私の勝手な想像だし、

少々、意地悪な見方だが、

 

自分のゴルフは

アメリカでは通用しないことを悟ったか?

 

全く歯が立たないアメリカより、

日本で勝つことで、

誰よりも金を稼ぐことを目標としたのか?

 

プロなので、それを一概に悪いとは言えないが、

畑岡奈紗に比べればあまりに志が低い。

 

ぬくぬくとした、居心地の良い

環境に慣れ過ぎて、離れられないのか?

 

何度跳ね返されても挑戦をやめないのが、

鈴木愛の信条ではなかったか?

 

🔶 🔶 🔶 🔶

 

先週、‘’アーカンソー選手権‘’で、

見事、米ツアー初優勝を飾った

畑岡奈紗

f:id:t6911:20180627193350p:plain

 

その優勝で、世界ランクは19位にまで上がり、

20位の鈴木愛を抜き、名実ともに、

日本人№1女子プロゴルファーとなった。

 

厳しいアメリカツアーで

死に物狂いで闘い、

そこで勝ち得た立派な勲章である。

 

畑岡には、1977年の樋口久子以来の

メジャー制覇の期待もかかる。

 

もちろん頑張って欲しい。

 

しかし、それよりも、 

私にとっては、今、

 

純粋にゴルフが好き。

好きだから、

もっともっと上手くなりたい、

そんな彼女の

チャレンジ精神溢れた表情、

 

高みを目指す強い意志をもち、

心が揺れない淡々としたプレーぶり、

 

それらを見るだけで、

私は、嬉しい。

 

勇気をもらえるのである。

 

19歳の小さな女の子から

挑み続ける大切さを教えてもらうのである。

 

そこにいるプロたちよ!

 

今こそ、

畑岡の体からほとばしる

熱情を学ぶべきでは・・・?

 

www.tatsujin72.com

 

 

スポンサーリンク