達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

サッカー・陸上・ゴルフ界の、3人の半端ない大迫たち。そもそも「大迫・ハンパないって」って何?

スポンサーリンク

まずは、本家本元(?)の

大迫半端ない!!

 

19日のコロンビア戦で決勝ゴールを決めた

サッカー日本代表‘’大迫勇也‘’ブレーメン)だ。

 

タフなドイツ1部リーグで闘い続けた真価を

証明した。

 

大迫 半端ないって!

 後ろ向きのボール、めっちゃトラップするもん。

 あんなん、出来ひんやん、普通!

 言っといてや、出来るんやったら!】

 

2008年、全国高校サッカー選手権大会の準々決勝

鹿児島城西のエースFW大迫と対峙した、

 

兵庫、滝川第二の主将DF中西隆裕さんが、

試合後のロッカールームで発した言葉である。

 

f:id:t6911:20180621152639p:plain

 

この試合、鹿児島城西が6対2で圧勝、

大迫はこの大会の得点王となっている。

 

あれから、10年、

大迫はW杯の大舞台で

大仕事をやってのけた。

 

1次リーグ第2戦は、セネガル

日本にとっては、このチームも格上だ。

www.tatsujin72.com

 

大迫のさらなる

半端ない活躍を期待しましょう。

 

スポンサーリンク
 

半端ない大迫はここにもいます。

 

‘’大迫 傑‘’(おおさこ すぐる)

 

1991年5月23日生まれの27歳、

知る人ぞ知る、陸上界の大ホープである。

f:id:t6911:20180621153139p:plain

 

早稲田大学時代は、箱根駅伝

1区を担当し、2年連続区間賞を獲得。

 

卒業後の2014年には3000メートル、

2015年には5000メートルの日本記録を達成している。

 

昨年の4月には、

自身初マラソンとなるボストンマラソンに出場し、

トップとは51秒差、2時間10分28秒で3位に入り、

日本人では瀬古利彦以来の表彰台に立ち、

 

さらに12月には福岡国際マラソンを走り

全体の3位(日本人1位)、日本歴代5位(当時)となる

2時間7分19秒をマーク、一躍、日本マラソン界の

トップランナーに躍り出ました。

 

2年後の東京五輪

半端ない走りで

日本中を沸かせてほしいですね。

 

スポンサーリンク
 

最後の大迫は

半端ない成績で、殿堂入りも果たした

女子プロゴルフファーの

 

‘’大迫たつ子‘’である。

 

若い人で知る人は少ないだろうが、

ゴルフファンの私は、

大迫と聞けば、どうしても浮かんでくる

ビッグネームなのである。

f:id:t6911:20180621153554p:plain

股関節の故障で

1994年に42歳で引退発表するまで

ツアー通算45勝(歴代4位)、

 

公式戦は、歴代2位の8勝を挙げている。

 

6人いる女子永久シード選手の一人でもある。

 

もう一つ、それらに勝るとも劣らない

偉大な記録も保持している。

 

それは、

278試合連続予選通過という大記録である。

 

凄いよね!

 

プロゴルファーというより、

職業ゴルファーといったほうが

ピッタリくるような、

そんな時代の

職人肌の小さな巨人でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3人の大迫、

 

スポーツ界の

半端ない選手たち、

 

もう、大迫たつ子さんの

プレーを観ることは出来ないけれど、

 

大迫勇也大迫傑はこれから

もっともっと活躍が期待される選手です。

 

 

注目して

見守りましょう!