達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

全米オープンで、予選落ちと引き換えに得た大きなもの。一皮むけた大型プレーヤー星野陸也がいよいよ真価を発揮する!?

スポンサーリンク

今週は、

星野陸也に注目してみたい。

 

メジャー初挑戦となった、先週の全米オープンでは、

79、79の18オーバーで、なすすべなく予選落ち、

 

しかし、本人はいたって明るかった。

「出場できて本当に良かった」

 

「100個くらい勉強になった」

 

試合後に、笑顔で語っていたのが印象的だった。

 

星野にとっては、雲の上の存在であろう、

タイガー・ウッズにも憶することもなく、

 

「一緒に写真撮ってもいいですか?」

f:id:t6911:20180619134911p:plain

その度胸と純粋な無邪気さが

微笑ましいし、何だか頼もしい。

 

全米オープンでは、

立ちはだかる大きな壁に跳ね返されたが、

今季国内ツアーでは、しっかりと成績を出している。

スポンサーリンク
   

特に、‘’日本‘’と冠したメジャー大会、

5月の日本プロでは6位、

6月の日本ツアー森ビル杯では5位と

上位フィニッシュを決めている。

 

そのことは、着実に、ショット、パッティング、

コースマネジメントなどの

総合力が付いてきた証拠だろう。

 

星野といえば、どうしてもドライバーショットの

飛距離に興味がいってしまうが、

ランクとしては12位だ。

 

むしろ、注目すべきは、ランク10位につけている

バーディ率(1ラウンド平均、3,66個)だろう。

 

 

今週は、

f:id:t6911:20180619155318p:plain

毎年、バーディ合戦が展開される大会、

ダンロップ・スリクソン福島オープン】

 

星野向きの試合ともいえるでしょう。

 

大きな試合に勝つには、もっと、もっと

アイアンショットの精度、

アプローチのバリエーションが

必要であること、

 

全米オープンでは、予選落ちと引き換えに

得たものは大きかったはずである。

f:id:t6911:20180619174103p:plain

 

 

星野は、この大会のホストプロ(ダンロップ所属)でもある。

 

機は熟した。

 

星野陸也がそろそろやってくれそうだ。

 

この大会、初出場の石川遼にも

頑張ってほしいけどね・・

 

スポンサーリンク