達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

日本ゴルフ史上最長のコースをどのプレーヤーが攻略するのか?全英への切符は誰の手に?

スポンサーリンク

~全英への道~ミズノオープン

f:id:t6911:20180525161208p:plain

 

開催コースの’ザ・ロイヤルゴルフクラブ‘’茨城県)は、

全長8000ヤードを超えるセッティングで、

パー3はすべて230ヤード越え、

16番のパー5は、何と705ヤードだそうです。

 

私なら、4オン、2パットのボギーでいければ

言うこと無し。御の字でしょう。

それもすべてナイスショットしての話ですが・・。

 

‘’打てども打てどもピンははるか先‘’って感じでしょうね。

 

予選を終了し、上位につけた選手を見てみると、

飛ばし屋が必ずしも有利というわけでもなさそうです。

 

予選2日間は、頭を試され、

決勝2日間は、心を試されるのがゴルフ。

 

当たり前といえば、当たり前、

ただの飛ばし屋が必ず勝つんだったら、こんなに

つまらないスポーツはないですもんね。

 

近ければ、フェアウェイは広く見えるし、

はるか先のフェアウェイはより狭く見える。

 

飛ばし屋ほど、神経質にならざるを得ません。

 

距離が長ければ長いほど、

フェアウェイキープが特に大切なことなんですね

 

ティーショットをフェアウェイに置くことができれば

大きいクラブで、前に打つことが出来るわけですから。

 

そのことを、予選2日間をイーブンパーで終えた

稲森佑貴が証明しています。

f:id:t6911:20180525184232p:plain

 

飛距離は270ヤードでランクは100位ですが、

フェアウェイキープ率はトップの77,6%、

おまけにパーキープ率はランク3位の89,14 %、

 

日本でなら、飛ばなくても、

ショットの正確性さえあれば

十分勝てる可能性があるということです。

 

しかし、稲森はいまだ未勝利、

 

6歳でゴルフを始めて、高校2年の2011年、16歳でプロテストに

一発合格してから、7年、

 

そろそろ、花を咲かせてもいい頃ですが・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

もう一人、

気になる選手を、久しぶりにリーダーボードの

上位に見つけました。

スポンサーリンク
 

2アンダーで、6位タイの

小田孔明

 

www.tatsujin72.com

 

 2015年以降、極度の不振に陥り

優勝どころか、予選通過もままならないが、

 

50歳で迎えた今年の日本プロ選手権で

大会最年長優勝を飾った、谷口徹に、

刺激を受けないはずはない。

 

 小田は39歳、

まだ老け込む年ではない。

////////////////////////////////////////////////

 

しかし、冷静に優勝候補を挙げるとすれば、

松村道央でしょう。

f:id:t6911:20180525184621p:plain

 

通算勝利5勝の実績

勝負強さも感じるし、

ドライビングとフェアウェイキープの

バランスがいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

石川遼が1打及ばず予選落ちしたことで、

楽しみは減ってしまったけど、

 

日本ゴルフ史上

最も長いセッティングのコースで、

どの選手が、どんなタイプの選手が

勝つのか?

 

興味は尽きません。