達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

日本プロゴルフ選手権覇者、谷口徹が証明:ゴルフは、スクエアスタンスだからって勝てるわけじゃないんだよ!

スポンサーリンク

 

コースで、

ドライバーをミスして

球が一直線に右に出てしまったとき、

f:id:t6911:20180514130421p:plain

(それもたまたまだよ)

 

そんなときに、きまって、

その友人は「見ーつけた」みたいな顔をして、

傍に寄ってくる。

 

そして、ご親切に声をかけてくれる。

 

「スタンス、右向いてたよ」

 

それも小声で。

 

OBを打ったしまった心の傷の上に

やさしい塩を塗ってくる。

 

‘’分かってるよ、そんなコト‘’

‘’オレは、ドロー系が持ち球なんだよ‘’

‘’大きなお世話だ、黙ってろ‘’

‘’そんなことより、テメーのショットの心配しろ‘’

 

と、ホントは言いたいところだが、

あまりに品性を疑われるので、

あくまで、私は立派な大人の対応をする。

 

「あ、そうだった?」

「ありがとう」

 

とにかく、左に曲がる球を

打てなかったことが悔しい。

 

そうです、私は‘’クローズドスタンス‘’なんです。

 

スクエアに挑戦してみるが、

気持ち悪いことこの上ない。

 

‘’え!こんなに左が開けているんだ‘’

 

そのまま打ってみると、左に引っ掛けぎみの球で出る。

そして、知らないうちに少しずつ元に戻っている。

 

そんな繰り返し。

スポンサーリンク
   

でも今回、 

国内メジャー初戦、日本プロゴルフ選手権で優勝した

谷口徹先生が力強く背中を押してくれた。

f:id:t6911:20180514121943p:plain

 

 そうです、6年振りのツアー通算20勝目をあげた

50歳の谷口徹は、クローズドスタンスなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自然とインサイドアウトのスイング軌道になり

ボールにドロー回転をかけやすい。

 

つまり、飛距離アップも可能になる。

(球も強いし、ランも期待できる)

 

スライスに悩む人は、

クローズドスタンスで構えることで

解消されることもあるでしょう。

 

又、右足を後ろに引くことで

身体が捻転しやすいというメリットもあります。

 

私のような身体が硬いという

シニアゴルファーには、

適した構え方ともいえますね。

 

ただ、守らなきゃいけない大事なコトは、

目標に対して、肩、腰のラインは平行に

構えること。

 

そして、体の正面で球を捉えること

 

さあ、

全国クローズドスタンス愛好会

の仲間たちよ、

 

堂々とティーグラウンドに立ちましょう。

f:id:t6911:20180514130106p:plain

そして、必ず左に曲がる球を打ちましょう。

f:id:t6911:20180514130421p:plain

 

  練習は必要ですよ!