達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

ショートヒッターの小平は、いかにTPCソーグラスを攻略するのか?それには、あの人の助言が一番有効?

スポンサーリンク

前回の記事の中で、

注目のペアリングの一つとして、

ダスティン・ジョンソン、ブルックス・ケプカ、

バッバ・ワトソンの組を挙げ‘’ロングヒッターの競演です‘’

と付け加えたわけですが

よく考えれば、他に取り上げたどの組も

ロングヒッターばかりなんですよね。

 

米ツアーの、2017-2018平均飛距離(5/7更新)を見てみると、

300ヤードヒッターは、実に59人にのぼります。

 

もちろんその中にロリー・マキロイ、バッバ・ワトソン

ジャスティン・トーマス、ジェイソン・デイ、

ダスティン・ジョンソン、タイガー・ウッズ

ジョン・ラーム、パトリック・リードの名前もある。

 

ブルックス・ケプカは、怪我で長期欠場していたため

サンプル数が足らず名前はないが、

当然300ヤードは超えてくるでしょう。

 

松山英樹は、299,3 ヤードの62位、

フィル・ミケルソンが、298,9ヤードの65位。

ジョーダン・スピースは、296,5 ヤードの87位、

リッキー・ファウラーが、296,3 ヤードの89位に

ランクされている。

www.tatsujin72.com

 

古い話で恐縮ですが、1997年に290ヤードを超えていたのは

タイガー・ウッズとジョン・デイリーのみ。

 

300ヤード越えは、2002年までジョン・デイリー1人だけ

だったことを思えば、ずいぶん飛距離も伸びたものです。

 

理由は、もちろんギアやボールの進化であり、

専属コーチを付けることによるより効率の良いスイングの構築、

フィッティング技術の高度化、選手のアスリート化、

選手の大型化というシンプルな理由も成り立つでしょう。

 

ちなみに、1位はトレイ・マリナックスの320ヤード、

2位は、今売り出し中のトニー・フィナウの317,5ヤード、

2人とも、同じ193センチの長身です。

f:id:t6911:20180509160231p:plain

     ロリー・マキロイ

その中で、3位にランクされたロリー・マキロイ

175センチという小柄でありながら、

316,8ヤードを飛ばしている。

 

驚異というしかありません。

 

あの厚い胸板をみても、

厳しいトレーニングを想像させますが

野球のホームランバッターと同じように、

遠くに飛ばすことに、持って生まれた天賦の才を

感じずにいられませんね。

スポンサーリンク
   

さて、この試合初参加の小平智

 

2017年の日本ツアーの統計になりますが、

小平の平均飛距離は、292,38ヤードの13位、

これを米ツアーに当てはめると131位相当になります。

 

パー4の2打目、マキロイがショートアイアンなら、

小平は、ミドルアイアンを持たなければならない。

 

まあ、実際は、そんな単純なことではないでしょうが、

間違いなく20ヤードは置いていかれるでしょう。

 

上記に挙げた選手のなかで、小平が優勝した

RBCヘリテージに出場したのは、

ダスティン・ジョンソンのみでした。

 

今大会は、飛ばし屋揃いのフィールドに入り、はたして

小平はどうやって活路を見出すか?

f:id:t6911:20180509160706p:plain

ショットの正確性か?

それとも、強気のパッティングか?

 

何といっても一番は、

奥様の的確なアドバイスかもしれませんね。

 

まずは、予選通過、

 

ガンバレ!小平