達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「グリーンマイル」なんかにはビビらない松山の底力!小平に米ツアー先輩の意地を見せつけてくれ!

スポンサーリンク

  ウエルズ・ファーゴ選手権

f:id:t6911:20180430180445p:plain


予選2日間を終えて、首位に立ったのは、

世界ランク673位の無名プロ、ピーター・マルナティ。

周囲も、きっと本人も、驚きの単独トップ(7アンダー)だ。

 

前々回の記事にも挙げた

優勝候補の主な選手たちはどうだったのか?

 

ジェイソン・デイが2位タイ(6アンダー)、

 

リッキー・ファウラーが20位タイ(1アンダー)、

 

ジャスティン・トーマス

パトリック・リードが28位タイ(イーブンパー)、

 

タイガー・ウッズブルックス・ケプカ

ロリー・マキロイフィル・ミケルソンが揃って

48位タイ(2オーバー)で予選を終え、

決勝ラウンド進出を決めた。

 

そして、松山英樹は、

初日6オーバーの77の135位タイ。

優勝どころか予選落ち必至、

期待していた私は大いに落胆したが

ここからが、松山のスゴイところ、

 

2日目は3アンダーで回り、

予選カットライン上のトータル3オーバー、

69位タイでからくも予選通過を果たした。

 

とにかく、予選を通過しないと

何も始まらない。

f:id:t6911:20180505181855p:plain

松山は、前回出場した2016年大会でも、

初日は2オーバーの101位タイと沈んだが、

2日目は71と粘り、62位タイで

ギリギリで決勝ラウンド進出を決めている。

 

これが、

松山の実力、底力といえばそれまでだが、

運も多分に持っているように思えてならない。

 

今回、松山は、

終盤3ホール、いわゆるグリーンマイル

「1アンダーでクリアしたことが良かったんだろう」と語り、

「後半はドライバーを含め、ショットが良くなってきた、

 あとは、パッティングが気持ちよく入れば、

 こんなところにはいない」と自信をみせた。

 

以下の記事でも触れたが、

そう少し、グリーンマイルについて補足しよう。

www.tatsujin72.com

 

グリーンマイル

 1999年公開のアメリカ映画「グリーンマイル」内で

 描かれる囚人が電気椅子に向かうまでの

 緑色に塗られた長い通路からきているといわれる。

 

会場のクエイル・ホロークラブの上がり3ホールが、

そのグリーンマイルと呼ばれる難所である。

 

3ホールともウォーターハザードがからみ、

連続する3ホールとしては、2007年以降、

マスターズが開かれるオーガスタナショナルGC

‘’アーメンコーナー‘’をしのぎ

対パーの平均スコアでワーストを記録している。

f:id:t6911:20180505125818p:plain

技術はもちろん、精神的なタフさと

度胸を試されるこの3ホールが、

優勝の行方を決める大事なキーホールであり、

ここを征服した者が優勝カップを掲げることができるのだ。

スポンサーリンク
   

首位と10打差ある松山だが、

このコースでは何が起こるか分からない。

 

2016 年大会では最終的に11位まで駆け上がったが、

 

さて今大会は?