達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

松山、タイガー、マキロイらは、恐怖の‘’グリーンマイル‘’をいかに攻略するのか?「ウエルズファーゴ選手権」開幕!

スポンサーリンク

さあ、注目です!! 

 

   【ウエルズファーゴ選手権】

         5/3~5/6(日本時間)

   f:id:t6911:20180430180445p:plain

開催コースは、

‘’クエイル・ホローカントリークラブ‘’

f:id:t6911:20180501172313p:plain 

PGA ツアーの中でも、特にタフなコースとして知られ、

特に16~18番の3ホールは、

‘’グリーンマイル‘’と呼ばれる

ツアー屈指の難ホールである。

 

その名の通り、一歩間違えれば、

‘’死刑執行への道‘につながりかねない

難関の上がり3ホールが選手を苦しめます。

 

ちなみに昨年のセッティングは、

16番/PAR4:506ヤード、

17番/PAR3:223ヤード、

18番/PAR4:494ヤードです。

 

パー4で500ヤードなんて、もはやお手上げですね、

私がドライバー2回打ったって全然届きません。

 

一流プロたちは、どのような攻めを見せるのでしょうか?

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

● 主な出場選手を紹介しておきましょう、

f:id:t6911:20180501174735p:plain

昨年末に左手首を故障してツアーを離れていた

2017年全米オープン覇者のブルックス・ケプカは、

復帰後2戦目の戦い。

300ヤード超の豪打はこの長いコースでは

はたして有利と働くのか? それとも?

f:id:t6911:20180501072653p:plain

 

タイガー・ウッズは、マスターズ以来の参戦です。

マスターズでは、1オーバー、32位に終わり

周囲も本人も期待していた優勝には届かなかったが

最終日は、その期待をしぼませるものかと意地の69。

復活優勝への道はしっかり繋がっています。

 

f:id:t6911:20180501072413p:plain

 

唯一この大会を2度(2010、2015)制しているのが、

ロリー・マキロイ

特に2015年の大会は、3日目に11アンダー、

61と驚異的なスコアを記録、最終的には2位に7打差という

大差をつけて優勝を飾っています。

f:id:t6911:20180501120616p:plain

 

松山英樹

タイガーと同じくマスターズ以来のツアー復帰です。

 

昨年は出場していませんが、2016年には11位の好成績を

挙げ、コースとの相性も決して悪くないはず。

左手首の故障も気になるところではありますが、

そろそろ優勝争いにも加わってほしいですね。

 

他にも、2012年の覇者、リッキー・ファウラー

 

今年のマスターズを制したパトリック・リード

 

世界ランク2位のジャスティン・トーマス

 

2015年には世界ランク1位にも輝いたジェイソン・デイなど、

 

翌週に第5のメジャーと呼ばれるプレーヤーズ選手権を控え、

豪華な顔ぶれがエントリーしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週、米女子ツアー「LPGA メディヒール選手権」で

初のベスト10(7位タイ)入りした畑岡奈紗

今週日本に戻り、

国内メジャー「ワールド・サロンパス・カップ」に出場し、

鈴木愛、比嘉真美子との同組対決。

 

小平智は、翌週のプレーヤーズ選手権から

米ツアー本格参戦。

 

5月の声を聞き、

日米ツアーともますます熱を帯びてきそうです。 

スポンサーリンク