達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

中古クラブ探しの旅:キャロウェイ・ビッグバーサ・2014、装着のツアーAD MT-6に惚れた!

スポンサーリンク

懲りない中古クラブ探しの旅、

今回は、【キャロウェイ ビッグバーサ 2014】

 

今使っている「テーラーメイド M2ドライバー」は、

ヘッド自体は素晴らしい出来だが、

純正シャフトのTMI-216 が

若干頼りなく感じるのだ。

 

しかもフレックスがSR 。

タイミングがバッチリ合えば、

飛距離もかなりのものだが、確率が悪い。

 

年齢も年齢だし、ヘッドスピードが42~43の私には

SRくらいでいいかと思って購入したわけだが、

これならSでも、十分こなせたんじゃないかと思ったりする。

f:id:t6911:20180427094313j:plain

 

何となく、私は悶々としていた。

 

スポンサーリンク
 

さて、その‘’ビッグバーサ(大砲)‘’だが、

ヘッドはオーソドックスで締まってみえる。

 

アドレス時、M2 はやたらデカくみえたので、

それだけでも、ヘッドが減速しない感じを持つ。

(あくまでも、感じ・・です)

 

視覚って、とても大事ですよね!

 

ヘッド体積は同じ460㏄なので、M2 のほうが

よりシャローフェースなんだろう。

 

今どきのクラブ同様、ビッグバーサも、

‘’カチャカチャ機能‘’が付いている。

 

フリーウェイトは、ヒール側に5グラム配され、

バックフェース側はレール状に溝が作られていて

そこに配されている8グラムのウェイトがトゥ側から

ヒール側に自由にスライドできるようになっている。

これで、弾道を調節できる(ドロー、フェード)仕組みだ。

f:id:t6911:20180427093359j:plain

 

 

シャフトも脱着式になっており、

ホーゼルの向きを変えることでロフト角、フェースの向き、

ライ角を調節できるようになっている。

 

あれこれ試しながら

自分好みのドライバーに仕立てる過程は

ゴルファーの大きな楽しみでもあるね。

 

それよりも、この購入を決めた最大の決め手は、

装着されたシャフトが、

グラファイトデザイン:TOUR AD MT-6】だったからだ。

フレックスはS.

f:id:t6911:20180427093550j:plain

 

2013年夏からツアーに投入され、すぐに宮里藍ら女子ツアーの

選手達が使い始め、徐々に男子ツアー、シニアツアーにも

使用者が増えていった人気のシャフトである。

 

私には、少々ハードかと心配したが、

要らぬ心配だった。

 

気持ちのいい弾き感だ。

 

出球も強く、スピン少な目の棒球で

ランも含めれば、M2 以上の

飛距離も出ているんじゃないだろうか。

 

叩きたいタイプだが、

年のせいか自然とスインガータイプに

なってしまった私にピッタリ合うようだ。

 

しなり戻りがスムーズで、自分のリズムで振り抜ける。

 

M2 のときは、ヘッドが戻ってくるのを待つのが

死ぬほど辛かったが、これは自分がしたいスイングに

しっかりシャフトが付いてくる感じだ。

 

シャフトが暴れすぎないので、

タイミングが取りやすく、方向性もいい。

 

スパーンと乾いた音が心地良い。

f:id:t6911:20180427093806j:plain

 

嬉しくて仕方ない。

 

レモンイエローのシャフトカラーもウキウキさせる。

いつまでも打っていたいクラブである。

 

シャフトで性能が劇的に変わる、

それを再認識させてくれたシャフトだ。

 

 

コスパ最高!!

 

しかし、クラブは、本コースで活躍してナンボ。

その様子は、後日、「ラウンド報告」にて・・・。