達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

待ってろ!松山。人気、実力のこの3人が、難攻不落の和合に挑む。2018:中日クラウンズ。

スポンサーリンク

 

  【2018・中日クラウンズ】

f:id:t6911:20180424180852p:plain

 

1960年に始まった、日本の民間トーナメント最古の

歴史を誇る大会である。

 

かつては、レジェンド、ジャンボ尾崎青木功

それぞれ5度、勝利をあげた大会でもあり、

永久シード選手の片山晋呉も2度制覇、

 

グレッグ・ノーマン、セベ・バレステロス

ジャスティン・ローズなど海外のビッグネームも

勝利を挙げた由緒ある大会でもある。

 

2010年大会では、

最終日、石川遼が驚異のスコア58を叩きだし、

優勝を飾った大会でも知られている。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

開催コースは、

【名古屋ゴルフクラブ和合コース】

f:id:t6911:20180424123051p:plain

 距離こそ、6500ヤード前後の設定の

女子ツアー並みの短さだが、それだけに

難攻不落のセッティングで知られる

日本が世界に誇る名コースである。

 

優勝者の名前を挙げただけでも、

際立つ実力がなければ勝てないコースだと分かる。

f:id:t6911:20180424123455p:plain

 そして何と言っても、

今大会の大注目は、このペアリングである。

  

ギャラリーが、その一組に集中しすぎて

選手のプレーや大会の運営に支障をきたすんじゃないかと

老婆心ながら心配してしまうその組とは、

 

この豪華な3人である。

スポンサーリンク
   

初出場したメジャー大会のマスターズで

健闘の28位タイ、その勢いをかって

次週の「RBCヘリテージ」で米ツアー初制覇を果たした

小平智

f:id:t6911:20180424190708p:plain

 

マスターズでは予選落ちを喫したが、

日本に戻ることなく、欧州ツアーに参戦、

スペインオープンでは12位、

先週のハッサンⅡトロフィーでは13位と

上々の成績を残し、貴重な経験を積み重ねている

宮里優作

 

昨年のこの大会の優勝者であり、

昨季の賞金王である。

f:id:t6911:20180424190938p:plain

 

そして、もう一人は、石川遼だ。

 

日本ツアーでのここ2戦、

東建ホームメイトカップでは惜しくも2位、

先週開催のパナソニックオープンでは、

3日目にスコアを大きく崩して最終的には28位タイと、

石川にとっては平凡な順位に収まったが、

それでも最終日は5アンダーの好プレーが出来たことで

気持ちはまだまだ繋がっているだろう。

 

前述のように、

2010年、夢のスコア58をマークし、優勝した大会である。

f:id:t6911:20180424191215p:plain

 

一気に世界に羽ばたいた小平、

 

その小平に大きな刺激を受けただろう宮里、

 

世界の舞台に返り咲きを狙う石川、

www.tatsujin72.com

 

負けられない3人の意地と

プライドを賭けた

渾身のプレーに注目しよう。