達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

宮里美香が証明してみせた。飛ばない人がタフなコースと戦うマネジメントと必要なコト。

スポンサーリンク

2打足りなかった。

 

わずかともいえるし、

この2打が限りなく遠いともいえる。

 

f:id:t6911:20180419200420p:plain

男子下部の、2018年 Abema TVツアーの第2戦、

【i Golf Shaper Challenge in  筑紫丘】に挑戦した

宮里美香は、予選二日間を71、74の1オーバー、86位タイ、

残念ながら、予選通過はならなかった。

 

過去、男子レギュラーツアーには、ミシェル・ウィー

2005年、06年と連続で日本の「カシオ・オープン」、

宮里藍が05年に「アジア・ジャパン沖縄オープン」に

挑戦したことがあるが、予選通過にははるかに及ばない

成績だった。

 

レギュラーツアーでなく、下部ツアーということで、

少し割り引いて考えなければならないが、

先週同じく、このAmebaTVツアーの開幕戦、

「Novil Cup」に出場した横峯さくらが、

トータル10オーバー、128位で

予選落ちを喫したことを思えば、

よく頑張ったといえるだろう。

スポンサーリンク
   

女子選手を苦しめるのは、何といっても、コースの設定距離だ。

 

今回の設定は、7,101ヤード、

8番のミドルは458ヤード、10番のミドルは何と494ヤードもある、

マチュアにとっても女子プロにとっても立派なロングだろう。

f:id:t6911:20180419211317p:plain

          10番ミドル

 

女子レギュラーツアーの最長コースでも

6,500 ヤード(パー72)だから、

単純に言えば、長いロング1ホール分余計に長いわけだ、

 

つまり‘’パー77‘’くらいの長さを感じてプレーする感覚になる。

 

まして、開催コースの筑紫丘ゴルフクラブ

アップダウンが激しいコースである。

 

それを考えれば、ドライバーの飛距離が230ヤードあるかないかの

宮里美香の2日間、71,74の1オーバーは大健闘と言えるのだ。

 

逆に、宮里より下位で予選落ちの男子選手は、

ちょっと情けない・・・一層の奮起を促したいね。

f:id:t6911:20180419200112p:plain

 

初日を終わって、インタビューに答えた彼女の言葉である、

 

「10番のミドルは、私にはパー5と想定した、

そこで頑張ってバーディを狙う感覚、

他のミドルも結構長いので、3オン1パットでしのぎ、

その代わり、何とかパー5でバーディを取ろうと思った」

 

なるほど! 納得!

 

ただ、そう考えるだけなら、アマチュアでも出来る、

問題は・・それを徹底できるかどうかなんだね。

 

マチュアは悲しいくらいブレまくる。

メリハリがない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮里のそれを支えるものは、ユーティリティや

フェアウェイウッドの扱いの上手さであり、

グリーン周りの小技、しぶといパッティングにある。

 

さすが、日本ツアーで2勝、

アメリカツアーで1勝あげた実力者である。

 

それも日本での2勝は、いずれも最高峰の日本女子オープン、

 

難しいセッティングゆえ、より集中力が増し、

届かないと分かっているから、

コースマネジメントも冴えてくる、

 

そんなタイプの選手なんだろう。

 

ドライバーが飛ばなくても、十分戦えたこと、

 

今回の挑戦は、

宮里美香にとって予選通過より

もっと大事なことが再確認できた、

意義ある大会になったのではないだろうか?