達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

小平智が世界に躍り出た。米ツアー初優勝。輝きを見せ始めた日本人選手たち。

スポンサーリンク

小平智がやってくれた

米ツアー初優勝だ。

 

f:id:t6911:20180416084250p:plain

RBCヘリテージ】

トータル、12アンダーで並んだキム・シウ(韓)との

プレーオフを制し、青木功丸山茂樹今田竜二

松山英樹に続く日本人5人目の米ツアー優勝者となった。

 

※(キム・シウは、2012年のPGAツアー予選会を

  史上最年少の17歳5か月で通過した逸材で

  2016年のウィンダム選手権でツアー初優勝を飾っている)

 

3日目を終わった時点では、よく頑張ってるな、

最終的にはベスト10に入れば上出来だろうと

私は思っていた、

 

それが優勝だって!?

 

正直驚いたし、

嬉しかった。

 

大拍手だ!!

 

先週のマスターズでの経験が大きく小平を

成長させたに違いない。

 

初出場で予選を突破し、28位と大健闘した

世界最高峰の舞台、

そのオーガスタ・ナショナルゴルフクラブ

‘’イーブンパー‘’の成績を収めた。

 

言ってみれば、

難コースと互角の勝負が出来たということだ。

 

順位ではない、

オーガスタに負けなかったということ

 

それが、小平に大きな自信をもたらした。

 

「ここ(アメリカツアー)でやれる」と確信しただろう。

 

その翌週に優勝である、

さっそく、その確信を最高の結果に変えてみせた。

 

マスターズの翌週ということもあって、

世界ランク上位者が欠場した大会ではあるが、

優勝の価値は決して劣るものではない。

 

その証拠に、マスターズに勝ったのは、世界ランクが

24位のパトリック・リードだった。

 

一発ハマれば、誰でも勝てる能力を備えた

ツワモノがごろごろいるのが、

世界最高レベルのアメリカツアーなのである。

 

元々海外志向が強かったし、

爆発力もある。

妻の古閑美保の熱いサポートも見逃せない。

 

スポンサーリンク
 

同じ週に開催された

【スペインオープン】では谷原秀人が9位タイ、

宮里優作が12位タイ、

f:id:t6911:20180416093142p:plainãå®®éåªä½ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

米女子の【ロッテ選手権】では、

畑岡奈紗が最終的には19位タイに終わったが、

3日目終了時点では、首位と2打差の3位だった。

f:id:t6911:20180416093723p:plain

やっとゴルフに集中でき、

米ツアーでの戦い方が

分かってきたように思える。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

松山英樹に続く世界基準の日本人選手が

なかなか出てこないと思っていたが、

ここにきて一気に世界の舞台に顏を出してきたようだ。

 

やはり、日本を飛び出し、挑戦し続ける勇気、

へこたれない気持ちが大切だってことが分かる。

 

日本の若手選手たちには、大きな刺激となるだろう。

 

もちろん、石川遼にも。

www.tatsujin72.com

 

池田勇太もあごひげを伸ばしている場合じゃない。

 

松山英樹だって、ウカウカしてられない。

 

小平はこの勝利で、米ツアーでの2年間のシード権を獲得、

 

米ツアー優勝という名誉ある勲章を身に付けた小平、

さらなる高みを目指す大いなる旅

我々も一緒についていこう!