達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

熊本出身のアトムが被災地にエールを送る初優勝、石川遼は1歩及ばず。

スポンサーリンク

      【東建ホームメイトカップ】

 

私の予想は見事に外れ、

優勝は、父親が‘’鉄腕アトム‘’のように強くなってほしいとの

願いを込めて名付けた、重永亜斗夢だった。

 

f:id:t6911:20180415174709p:plain

 

プロ入りして10年、悲願の初優勝だった。

 

3日目は十万馬力、最終日は出力不足だったが、かろうじて

石川遼を1打差で振り切った。

 

日大を中退してプロに転向したのが2008年、

しかし、実力足らず、左手首の故障もあり試合に出られない

日々が続く。

 

転機になったのが、2012年の結婚と愛娘の誕生だった。

心機一転。

覚悟を決めてゴルフに真剣に取り組むようになったという。

 

この大会は、何かしらの縁を感じる大会でもあった。

 

2013年には、初日首位タイで飛びだし注目を集め、

2016年には、最終日最終組で回り、結果は4位だったが、

本人は、相性の良さも感じていた大会ではなかったろうか?

スポンサーリンク
   

172センチ、60キロと

プロとしては華奢な体つきで、

ドライバー飛距離は270ヤードほどだが、

その分フェアウェイキープ率も高く、

パーオン率も上位に入る。

 

アイアンの切れで勝負するタイプである。

 

ちょうど2年前に発生した熊本地震

 

被災地と被災者に力強いエールを送ったのは

熊本出身の、‘’亜斗夢‘’だった。