達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

石川遼がトップをキープ。追い上げをかわすか、逃げ切るか?弟、航と中井学はどうなった?

スポンサーリンク

    【東建ホームメイトカップ】

 

初日は、8アンダーの63で首位に立った石川遼

予選2日目も、3アンダー69で回り、

首位をキープした。

 

f:id:t6911:20180413193318p:plain

 

この日、アンダーパーで回った選手は、130名中わずか15名、

逆に、80以上を叩いた選手は、12人もいた。

 

3アンダーが、今日のベストスコアなのである。

 

開催コースは距離も7000ヤードを超え、しかもパー71。

前々回の記事でも触れたが、要求される様々な基準をクリアした

高度な戦略性に富んだ世界基準のコースであり、

これに風でも吹けば、とても手に負えない難コースになる。

 

www.tatsujin72.com

 

これも前々回の記事で触れた主催者推薦での出場者、

石川遼の弟、航と、

ティーチングプロの中井学のスコアが気になった。

 

まだトップアマといえない選手と、教えることが専門のプロ。

 

リーダーボードをスクロールしてみたら、

二人とも、奇しくも予選2日間で14オーバーだった。

 

128位タイの予選落ちだが、

これに驚きもしないしガッカリもしない。

 

こんなもんだろうと思う。

 

トップの石川遼が11アンダーなので、

実に25の差があることになる。

 

これでいいのである。

スポンサーリンク
   

マチュアが予選を通ってしまうような試合、コースでは

ダメなのだ。

 

このような厳しいセッティングのコースで試合を重ね、

競い合うことで世界のツアーで戦える土壌が作られていく。

ãæ±å»ºå¤åº¦ã«ã³ã...ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

一流プロをいじめ抜くコースでこそ、

技術もメンタルも鍛えられる。

 

だからこそ、石川遼には、

この大会を世界に踏み出す新たな一歩として

ぜひ勝ってもらいたいのだ。

 

迫ってくる選手は、

7アンダーのソン・ヨンハン、時松隆光、

3アンダーの武藤俊憲、今平周吾と予想する。

 

予選通過した選手たちが、

ガンガン攻めてくる3日目、

 

さあ、石川はどう立ちはだかるか?