達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

ビッグネームがやはり上がってきた、大混戦で決勝ラウンドに突入、松山もまだ狙える位置だ!

スポンサーリンク

予選2日間を終え、

伏兵 パトリック・リードが、

6アンダーで回り、トータル、9アンダーでトップに立った。

初日トップのジョーダン・スピースはスコアを2つ

落としたものの、4アンダーの好位置で留まった。

 

 予想通り、

実力者たちも、リーダーボードを駆け上がってきた。

ããã¹ã¿ã¼ãºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

5アンダー・・ヘンリク・ステンソン

4アンダー・・ロリー・マキロイ、ジョーダン・スピース

3アンダー・・ダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス

2アンダー・・バッバ・ワトソン 、リッキー・ファウラー、ジャスティン・ローズ

1アンダー・・ジョン・ラーム

 

当たり前と言えば当たり前だが、強い選手はやっぱり強い。

 

松山は、1アンダーで回りトータル、イーブンパー。

まだまだ、あきらめる位置ではない、

ショットは悪くない、あとはショートパットだ。

 

決勝ラウンドに強い松山の爆発に期待しよう。

 

松山と同じく1オーバーでスタートした

タイガー・ウッズは、ショット、パットが噛み合わず、

苦悶の表情を浮かべながらのラウンドだったが、

トータル4オーバーで予選を通過、

 

フィル・ミケルソンは、79と大きくスコアを崩しながらも

かろうじて5オーバーで決勝進出を決めた。

スポンサーリンク
   

宮里、池田は浮上出来ず、予選落ちとなった。

 

宮里は初出場の緊張もあったであろうし、

世界にはこんなシビアなセッティングのコースが

あることを知っただけでも大きな財産となるだろう。

 

池田の場合は、パッティングがこのコースには

合わなかった。パチンと弾く打ち方ではなく、

ここでは、等スピードでボールをそっと押していく

ストロークが求められる。

ガラスのグリーンには、残念ながら太刀打ち出来なかった。

 

f:id:t6911:20180407103313p:plain

対照的に、小平の健闘ぶりが光ったね。

 

スコアを2つ落としたものの、1オーバーと踏ん張った。

体調面も精神面も非常に状態がいいようだ。

奥様の大きな声援も力になっているのだろう。

パットのライン読みがピッタリ合ってきたら

さらなる上位を望めるだろう。

///////////////////////////////・・・・・・・・・・・・

 

出来すぎ感があったパトリック・リードが

このまま走るとは考えられない。

 

世界ランク上位の選手達が

ヒタヒタと背中を追ってきている。

 

現地の天気予報によると、

決勝ラウンドに入る3日目は降水確率も非常に高く

落雷の可能性もあり、加えてかなりの強風が

吹き付けることもあるという。

 

雨が降れば、グリーンも若干軟らかくなり、

ボールも止まりやすくやるが、

パットの感覚もそれによって大きく変わる。

 

風の読みもさらに重要になる。

 

決勝ラウンドの3日目は、

‘’ムービングデイ‘’と言われるように、

スコア、順位が激しく変わる。

 

自然条件を味方に付け、パッティングのタッチを

いち早く掴んだ選手が上位に来るだろう。

 

大会前の予想を裏切らない、優勝候補だらけ、

 

ああ、寝不足になりそうだ。