達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

知れば、より楽しく観戦できる・・マスターズ:アーメンコーナーと呼ばれる3ホールのこと。

スポンサーリンク

マスターズが開催される

オーガスタナショナル・ゴルフクラブ

11番、12番、13番の3ホール

‘’アーメンコーナー‘’と呼ばれています。

ゴルフファンなら、一度は耳にした言葉ですね。

f:id:t6911:20180329121946p:plain

 

特に高台というわけではないのですが、

風の通リ道になっていて、それが強弱を繰り返し、

時には、激しく渦巻き、選手たちを苦しめ、スコアを

大きく左右することで、もう神様に祈るしかないほどの

難ホールということで名付けられたそうです。

 

特に、最終日の優勝争いをしている選手達にとっては

何とか無事にやり過ごしたい3ホールです。

 

しかし、難敵は風だけではありません。

 

距離、フェアウェイの傾斜、横切るクリーク、小さなグリーン、

`’ガラスのグリーン`’と形容されるほどのそのグリーンの速さ・・

 

それを攻略できた者が、グリーンジャケットを着ることが

出来るのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ◎ アーメンコーナーのその3ホール、

  それぞれを見ておきましょう。

 

❚ 11番ホール

f:id:t6911:20180328183535p:plain

500ヤードを超える、とにかく長い右ドッグレッグのミドル、

ティーショットは飛ばしたいが、最短を狙うと

右の林に吸い込まれる可能性がある。

 

たとえ、ティショットが上手くいっても、2打目は結構残り、

しかも急激な打ち下ろしになる。

f:id:t6911:20180328180333p:plain 

セカンドは、左手前の池も気になり、グリーンも池に向かって

傾斜している。

 

池を怖がって右に避けると、池に向かって

下っていく難しいアプローチが残る。

 

風を正確にジャッジし、ピンポイントでグリーンに

乗せることは、たとえトッププロでも決して容易では

ないでしょう。

  

❚ 12番ホール

f:id:t6911:20180328182913p:plain

プロにとっては、短いショートホールである。

風がなければ、9番くらいで打てるだろう。

ただ、それは、風がなければである。

 

ひとたび風が吹けば、同じ組でも、打つ順番で

風向きが激しく変わるという。

 

グリーンのタテの幅が広い所で13ヤード、

狭い所で9ヤードしかない、しかもバンカー越えだ。

 

f:id:t6911:20180328180543p:plain

 

風の判断を間違えば、手前のクリークに落とすこともあるし、

奥のバンカーや、さらに奥の林に打ち込んでしまうこともある。

 

奥からは、手前に向かって速い下りのグリーンだ。

 

ティショットで、小さなグリーンを捉えることが出来なければ、

パーをとる事さえ難しい。

 

短いからといって決して侮れないショートなのである。

 

※2016年大会の最終日、

トップでこのホールを迎えたジョーダン・スピース

 

一打目は、グリーンに届かず、手前の傾斜を下って

水面に転がり落ちた。

 

第3打、ピンまで80ヤード地点にドロップ、

仕切り直しのその打球は、またもや手前のクリークへ。

 

5打目も、グリーンをオーバーし、奥のバンカーへ。

 

結局、このホール、6オン1パットの「7」。

すぐ目の前にあった優勝を逃したこのスピースの悲劇は

記憶に新しいところです。

 

❚ 13番ホール

f:id:t6911:20180328183208p:plain

 距離もないだけに、少なくともバーディは欲しいホールだが、

それだけに仕掛けられたワナも多い。

 

ティショットがストレートボールなら、270ヤードで

正面の林に入ってしまう。

 

ドローボールを打てればいいが、フェアウェイは大きく左に

傾斜していて、その左にはクリークも走っている。

 

平均220ヤード残るセカンドショットは当然つま先上がりになる。

つまり、ボールは左に行きやすい。

f:id:t6911:20180328180717p:plain

 

乗ればいいが、左にこぼせば、砲台グリーンへのアプローチが残る、

そのグリーンは、左上から右下に向かって強い傾斜があり、

スピードも速い。

 

グリーン右サイドに乗せたいので、フェードで狙いたいところだが

クリークがグリーン手前から右奥へ伸びている。

 

勇気をもって2オンを狙うのか?

それとも3打目に賭けるのか?

 

※ちなみに、1978年の大会で、中島常幸がこのホールで

13打を叩き、いまでもワーストスコアとして残っています。

 

どうですか?

 

さすが、世界中の名手たちが覇を競うに相応しい難コースですね。

 

マスターズは、コースとの戦い、コース設計家との戦いでも

あるわけです。

 

果たして、松山は?タイガーは?

どんな攻め方を選択するのでしょうか?

 

待ちきれない世界最高のゴルフの祭典、

マスターズ、

開幕は5日後です!