達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

世界ランク上位64名のみが出場できるWGCデル・マッチプレー。松山は宮里と激突、小平はミケルソンと。

スポンサーリンク

【WGCデル・マッチプレー

f:id:t6911:20180319163522p:plain

出場できるのは、世界ランク上位64名のみ、

世界のトッププレーヤーだけが参加できる

エリートフィールドである。

競技形式は、ツアー唯一のマッチプレーで、

64人を4人ずつの16グループに分けた総当たり戦で、

各グループの成績最上位の1人が、

トーナメント方式の決勝ラウンドに進み、

優勝するためには、合計7試合を勝ち抜く必要がある。

 

出場選手は、

前回の覇者でもあるダスティン・ジョンソン、

ジャスティン・トーマス、ジョン・ラーム、

ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイ、ロリー・マキロイ、

フィル・ミケルソンら超豪華なメンバーが揃った。

 

日本からは、松山英樹の他に、

小平智池田勇太宮里優作が参戦する。

 

先週、1か月半ぶりにツアーに戻った松山は、

成績こそ、49位タイとふるわなかったが、

時折り、松山らしいショートゲームの冴えも見せていたし、

「痛みがなく、4日間プレーできたことが収穫だ」

と本人も試合後語っていた。

 

f:id:t6911:20180320180220p:plain

とりあえず、一安心だが、

画面を見ていて気になったことがある、

 

ケガによる練習量不足からなのか?

それとも、治療薬の副作用なのか?

 

顏が少しむくんでいるように見え、体形も以前より

微妙にだぶついているように見えたことだ。

 

以前に比べ、スイング時の体のキレが足りないように感じたのは

私だけだろうか?

 

ムリをして、ケガを再発させては元も子もないが、

徐々に打ち込みを増やし、体を絞り、実戦のなかで

大きなショットとパッティングを微調整して

メジャー第一戦、マスターズに備えてほしい。

 

小平、池田、宮里の3選手も、

 

 名前負けすることなく、必死に食らいついてほしい。

 

負けるかもしれないと思えば、たいてい負けるものだ。

勝ってやろうと思えばいい勝負ができる。

 

同じフィールドに立つプロとしての意地をみせて、

日本選手は松山だけじゃないことを知らしめてもらいたい。

スポンサーリンク
   

※ 組み合わせもすでに発表されている。

 

松山はグループ5に入り、パトリック・カントレー(米)、

キャメロン・スミス(豪)、宮里優作と、

 

グループ14の小平は、フィル・ミケルソン(米)、

ラファエル・カブレラベロ(スペイン)、チャールズ・ハウエルⅢ(米)、

 

グループ16に入った池田は、マット・クーチャー(米)、

ロス・フィッシャー(英)、ザック・ジョンソン(米)と

それぞれ、一回戦、3試合を戦う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場は、‘’オースティンCC‘’

 

f:id:t6911:20180319163317p:plain

テキサス州の州都、オースティンにある

117年の伝統を誇る名門ゴルフ倶楽部だ。

 

マスターズまで、あと残り2週間、

1984年に名匠ピート・ダイが設計した

この難コースが、多くの選手にとって

大舞台への最終調整となるだろう。

 

トップ選手達はどんな戦いをみせるのだろう?

番狂わせが飛びだすのか?

 

ワクワクするね!

 

開幕は21日(現地時間)、5日間の長丁場の

試合である。