達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

平昌五輪:自分と戦い続けたアスリートたちの「美しい抱擁」3つのシーン、ライバルは親友!

スポンサーリンク

シーンその①)

  

 伊藤は、高梨の2本目のジャンプを祈る思いで見つめていた。

 

前回のソチ五輪では、優勝候補といわれながら

大きなプレッシャーにつぶされ 、4位に沈んだ高梨沙羅

伊藤有希は、その悔しさを分かりすぎるほど分かっていた。

 

苦しい4年間を身近で見てきた伊藤は、高梨に駆け寄った。

 

「沙羅ちゃん、よくやったね、頑張ったね」

f:id:t6911:20180223165613p:plain

 

「沙羅ちゃんの存在があったからこそ、ずっと沙羅ちゃんの背中を

追いかけて世界のトップを目指してきたから」

 

自身の2本とも追い風に見舞われる不運を

嘆き悲しむ素振りを一切見せず,気丈にふるまい、

年下のライバルを優しく抱いた。

 

その姿は高梨のメダルに勝るとも劣らない

トップアスリートの姿だった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シーンその②)

 

たびたびのケガに泣かされ、もう辞めたいと思った。

しかし、母国開催のオリンピック、国民の期待、

1000を回避し、500メートル一本に賭けたイ・サンファ

 

しかし、最終コーナーでの一瞬のミス・・・

 

泣きじゃくる彼女に、小平奈緒はそっと寄り添い、

肩を抱いた。

f:id:t6911:20180223165251p:plain

「大変な重圧のなかで、よくやったね」

「私は、いつもあなたをリスペクトしているよ」と、

 

優しく語りかけた。

 

最大のライバルはかけがえのない親友だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク
   

 シーンその③)

 

ジュニア時代から圧倒的な強さで知られるザギトワ

今シーズンからシニアシリーズに参戦し、

初戦で優勝、グランプリシリーズでも3勝し、

世界女王メドベージェワの最大のライバルと目されてきた。

 

昨年の11月の、右足の骨にひびが入るケガを乗り越え、

‘’アンナ・カレーニナ‘’のテーマにのせて

情感たっぷりに演じたメドベージェワ。

 

難度の高いジャンプを組み込み、

若さと美しさで魅了したザギトワ。

 

メダルを分けるほんの僅かのもの、

 

同門ゆえに二人の胸に去来する思いは複雑だろう、

 

f:id:t6911:20180223172637p:plain

 

 国として参加は叶わなず、

個人参加での出場となった今大会、

 

OARとしての、初の金メダルを獲得したザギトワを、

女王メドベージェワは、涙で抱いた。