達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「テークバック」という迷路を抜け出すには・・このやりかたが最適!上げるんじゃなく上がるんだ。

スポンサーリンク

初心者ならまだしも、ベテランゴルファーでも

時折り迷い込む、テークバック

 

どうやって上げたらいいの?

 

どこに上げるの?

 

● インに引きすぎると、ダウンスイングがアウトから

  降りてくるのでカット打ちのスライスになる。

        とか

● 少しアウトに上げた方がダウンはインサイドから振れる

        とか

● やっぱり始めの数十センチは真っすぐ引くべきだ

        とか

言われる。

 

そもそも私には、アウトなのか、インなのか、それとも

真っすぐ引けてるのか分からない。

 

そんなこといちいち気にしてたら、

リズムなんか作れやしないし、打てやしない。

 

スイングは一瞬にして終わってしまうものだ。

 

「上げる」という言葉は、‘’手を使う‘’ことをイメージさせてしまう、

そもそもここが問題なのである。

スポンサーリンク
   

「上げる」のではなく、

「上がる」といのが正しいのだ。

 

軸(背骨)を中心にした回転によって

スイングが行われるべきところに、手の動きが加わって

しまうことで軸が崩れ、スムーズな回転をさえぎってしまう。

 

手だけで打っても、十分なパワーをボールに伝えることは

出来ない、つまり飛ばない。

 

どうすれば、クラブが勝手に上がるのか?

 

簡単です・・・

 

アドレスをしたときの両腕を意識しましょう。

 

軽く両脇をしめて、ヒジ頭が斜め下を向くように

構えるだけです。

そして、そのまま体を回転させるだけです。

 

f:id:t6911:20180219114009p:plain

 

アドレス時、体は前傾しているので、そのまま体と両腕の

間隔を保ったまま体を回転させれば、

クラブは自然に上がるべきところに上がっていきます。

 

それが

あなたの最適なトップなのです。

 

どこに上げようかなんて考える必要はないんです。