達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

ご当地カレーに、あえて物申す!名産品だけに頼りすぎないこと、それを引き立てるベースをしっかり作ること。

スポンサーリンク

「ピンポーン~」、「ピンポーン~」

「誰かな?」

「またゴルフの?」

 

ン・・・・・・・?

 

届いたモノは、レトルトカレーの詰め合わせだった。

 

f:id:t6911:20180131154603j:plain

ひと月ほど前に頼んでいたものだった、

私はすっかり忘れていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

月始めに届く、私宛のカードの利用明細書、

 

たまたま明細書を覗き込んできた妻が

キツメの一言を放った、

 

「ポイントあるじゃない、もったいない、

使わないと、だんだん減っていくよ!」

 

ポイントもチビチビ貯まっているようだったが、

こんなもんじゃ、ロクなもの貰えないだろうと

いつもほったらかしだった。

 

「そうか」

 

ポイント別の商品リストを眺める中で、

決めたのが、このカレーのセットだった。

 

 ポイントも大したことないので、これくらいしか

なかったというのがホントのところだ。

 

大山(ダイセン)ビーフカリー、5箱、

大山チキンカリー、5箱の計10箱の詰め合わせ。

f:id:t6911:20180131154644j:plain

 

★製造元ホームページより

    食の宝庫といわれる山陰、鳥取のご当地絶品カレー。

    中国地方最高峰伯耆大山を望む自社工場で作られた、

    大山を冠したカレーです。山陰地方の豊かな自然の中で

    育てられた鳥取県産の黒毛和牛(個体表示番号入り)と、

    地元山陰や北海道の国産野菜を使っています。

 

ちなみに、

チキンカリーは、鳥取県産のブランド鶏【大山どり】を使っている。

 

レトルトといってもそれぞれ一箱、税込みで560円

私には、今までで一番高価なレトルトカレーかもしれない。

 

心してイタダコウ。

f:id:t6911:20180131181827j:plain

まず、ビーフカリーから、

 

 肉も野菜も結構入っていて、ボリュームはある。

一口食べてみる・・・・

・・・・ンーん。

 

どちらかと言うと、ボッテリしたカレーより、

サラッとしたカレーの方が私は好きだけど、

これはあまりに水っぽい。 

 

コクが足らない。

 

(もちろん、私の個人的な感想だけど・・)

期待が大きかっただけに、

ちょっと期待外れ。

これは、改良の余地大ありだ。

スポンサーリンク
   

もっとベースのルーにこだわるべきだろう。

 

ルーにしっかり手を掛ければ、

立派な肉なんか入れなくたって、美味いんだよね。

 

 続いて、チキンカリーを一口、

f:id:t6911:20180202171715j:plain

 

ビーフに比べれば、かなりイケる。

少し甘めだが、味に深みも感じられる。

 

ブランドとしてすでに認知されている大山どりは、

当然のことながら、ふっくらして臭みもない、美味い。

 

しかしながら、税込み560円に見合うかというと

疑問符が付く。

 

全国各地にご当地カレーやラーメンなどがある。

一度は手にとってもらえやすい、

多くの人が愛するメニューだからである。

 

 かといって、ただ安直に、地元の名産品を

カレーやラーメンに入れるだけじゃダメ、

 

主役は、あくまでもカレーはルーで、

ラーメンはスープ。

 

ベースがしっかりしていればこそ、名産品、特産品が

ことさら引き立つというもの。

 

黒毛和牛はステーキ、大山どりは焼き鳥が美味いに

決まってるんだからね。

 

ここんとこ、

勘違いしないように。

 

カレーやラーメンにうるさい人、

世の中には山ほどいるんだから。

 

それが、地元のプライドってもんだよね!