達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

おめでとう!宮里は初出場確定、小平は、望みを捨てずハワイへ渡る。マスターズへの道は、さあこれからだ!

スポンサーリンク

 

今年の男子世界ランク対象試合は、

今週のアジアン下部ツアーの

「ブーンチュ・ルアンキット選手権」が最終戦

 

f:id:t6911:20171222175849p:plain

ランク58位で、先週のアジアンツアーの

インドネシア・マスターズ」に臨んだ宮里優作は、

4位に入ったものの、ランクを52位に上げるに留まり

その時点ではマスターズ出場は決められなかったのですが、

 

その最終戦に出場している世界ランク最上位者は、

プラヤド・マークセン(タイ)。

しかし、たとえ優勝したとしても、

同ランクは141位止まりであること。

その他にも、消滅ポイントというものもあるらしく、

それらを計算し直したリランキングが発表されました。

 

見事な滑り込みセーフ!

 

宮里は、ほんのわずか小平智をかわし、50位にランキングイン

 

悲願の来年の海外メジャー初戦、

マスターズへの初出場を

確定させました。

 

マスターズへの出場には、様々な条件、資格が必要ですが、

その中の一つ前年の最終の公式世界ランキングトップ50

要件を満たしたのです。

 

これで、今のところ、日本人選手のマスターズ出場権獲得者は

松山英樹池田勇太宮里優作の3名。

 

その一方、インドネシアン・マスターズ開幕時点で、

ボーダーライン上の50位につけていた小平が、

はじき出される格好となり、51位に下がりました。

 

しかし、小平に全く可能性が無くなったというわけではありません。

 

もう一つの要件に、マスターズ前週の世界ランキング50位があります。

それをクリアすれば、出場可能です。

 

 

スポンサーリンク
   

昨年、マスターズに出場した谷原秀人は、

その前年末の世界ランクは56位でした。

 

そこから、出場を目指し、年明けの1月から、

アメリカ(ハワイ)、シンガポールミャンマー

豪州、メキシコ、次にアメリカ本土と戦いを続け、

「WGCデルマッチプレー」で4位を勝ち取り、

結果的に世界ランクを48位に上げ、

マスターズの出場権を手にしたという例もあります。

f:id:t6911:20171218101547p:plain

 

小平も、「絶対、妻の美保を連れていく」と断言し、

美保さんも、夫の出場を熱望しています。

 

頑張らざるを得ないでしょう。

 

年明けのハワイアン・オープンから、その戦いは始まります。

  

以前の記事でも触れましたが、

小平、谷原を加えた5名がマスターズ出場となれば、

痛快この上ない快挙。

 

過去、マスターズに

その年出場した最多日本人選手は、4人。

 

丸山茂樹片山晋呉谷口徹、伊沢利光が出場した2002年

全く同じメンバーが出場した、翌2003年

そして、石川遼松山英樹池田勇太、藤田寛之が

出場した2011年の3大会。

 

小平にはぜひ頑張ってもらって、マスターズ出場権を

勝ち取ってもらいたいね。

 

世界ランク69位の谷原秀人も決してあきらめてはいないはず、

昨年と同じように世界を渡り歩き、一発逆転を狙います。

 

f:id:t6911:20171218101819p:plain

 

私のゴルフも再開するであろう、

マスターズが連れてくる春。

 

歓声を浴びる多くの日本人プレーヤーの活躍を

みたいものです。

 

もし、宮里が出場し、藍ちゃんがバッグを担ぎ、

小平のバッグを奥様の古閑美保さんが担げば、

より華やかなゴルフの祭典となるだろうけど、

 

これはちょっと難しいかな?

 

マスターズは、来年4月5日、開幕です。