達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「ゴルフは紳士のスポーツ」という深い意味。スコア改ざん事件について思うこと。

スポンサーリンク

立ち止まって、指を折って、天を見上げて

彼は言った。

 

「10点になっちゃった」

 

 ‘’アレッ?‘’

 

 まあ、いいか。

私にとっては、大したことではない、

自分のゴルフをすればいい。

 

そう思えばいい。

 

大会でもないし、

握っているわけでもない。

 

まだ、スコア改ざんではないし、

スコア誤記でもない。

 

ただのウッカリかもしれないし・・

 

そもそも、スコアを数えられない人がいる。

 

途中で、OBやら池に打ち込んでしまうと

頭がこんがらがって、妙に焦っちゃって、

ただの簡単な算数が出来なくなる。

 

f:id:t6911:20171220104753p:plain

 

しかし、確信犯だとしても、

 

プライベートならば、

せいぜい自己嫌悪に陥って、

一緒に回ってくれる人もだんだんいなくなるだけだ

 

スポンサーリンク
   

ただ、プロの場合はそうはいかない。

 

先日、私には、ショックなニュースが飛び込んできた。

 

下部ツアーで、スコア改ざんした選手が、

10年間のツアー出場処分を受けたというニュースだ。

 

f:id:t6911:20171220103946p:plain

 

ショックというのは、その選手が地元出身だからだ。

 

高校時代に、県選手権を獲り、全山陰選手権にも勝った、

地元期待の新鋭プロだからである。

 

【日本ゴルフツアーの懲戒、処分委員会は、

除名も検討したが、まだ20歳と若いこともあり、

反省も期待できるという理由で、

出場停止処分に決まった】と、あった。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

かつては、ホールインワンをしたと偽り、

保険金をだまし取った2名の男子プロがいた。

 

一人は除名、もう一人は、3年間の資格停止処分を受けた。

 

2006年には、8月に男子プロ、

10月には女子プロがスコア改ざんで

処分を受けている。

 

それぞれ男子プロは5年間、

女子プロは10年間の資格停止処分を受けている。

 

除名はもちろん、資格停止処分であっても、

プロにとっては、

これは、永久追放、死刑宣告と同じ。

 

もう二度と、

ゴルフ競技の世界に戻ってくることはないだろう。

 

つらい話だ。

 

また別の違った人生を

たしかに歩いて欲しいと

願うばかりだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ゴルフには、

他のスポーツと違って審判がいない。

 

スコアは自己申告だ。

 

プロは生活がかかっている、

つまり人生がかかっている。

 

たった1打で、天国と地獄に分かれることもある。

 

その時、悪魔の囁きがたとえあったとしても、

 

ゴルフという競技の前提にある

「フェアプレー精神」を汚したとすれば、

やはり許される行為ではない。

 

プロならなおさら。

 

ゴルフが「紳士のスポーツ」と言われる所以だ。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

マチュアでも、それは同じ。

 

チョロマカシたって、

あなたのスコアは、周りの人全員が

分かっています。

 

スコアは正しくね。

 

120のスコアが115になったって、

それがどうしたというの?

 

 そんなことより、

まず、数えやすいスコアで

回れるように頑張ろうよ。