達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

パットの距離感をつかむ = 脳からの情報が消えないうちにサッサと打つことだ。

スポンサーリンク

 

一昨日降り出した雪は、

その日の夜には収まりはしたが、

積雪は11センチを記録、

 

 

年内ゴルフに一縷の望みをかけていた

あきらめの悪い私には、ダメ押しの雪となった。

 

これからは、

室内でシコシコと球を転がすしかないようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回は、そのパットの距離感について・・・

 

距離感は、

あくまでも見た目から得られるありったけの

情報を元に、過去の経験則に照らし合わせて

脳がはじき出すものだ。

 

脳がボールを打つ強さとか振り幅なんかを

腕(手)に伝えるのだが、残念なことにその情報は

長持ちしない。

 

だから、カップ(目標)から目を離して

時間が経てば経つほど、脳からどんどん距離感は

失われてしまう。

 

f:id:t6911:20171218125511p:plain

 

アドレスして、カップを見て、2,3回素振りして、

視線をボールに戻したら、すぐに打つことだ。

 

アドレスの長い人に上手い人はいない。

そう言い切っていいだろう。

 

スポンサーリンク
 

本当は、ジョーダン・スピースみたいに、

カップを見たまま打てればいいんだろうけど、

我々、アマチュアは、怖ろしくてそれは出来ない。

 

しかも、スピースは、それをロングパットではなく

ショートパットでやっている。

それも、マスターズの大舞台でだ(2014年)。

 


Jordan Spieth - Look at the Hole on Short Putts (2014 Masters)

 

バスケットのフリースローでも手元ではなく

ターゲット(目標)に集中するはず。

 

スキーでも、目線をスキー板に置くよりも、次のターンを

考えて、遠くを見るほうがカラダの動きが良くなる。

 

 

・・・ここに真理がありそうだ。

 

距離感は

他人が教えることの出来ない人間の本能、

 

もっと信じよう、

本来持っている自分の感覚