達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

結構間違って使っている人いるよ!「オーナーとオナー」。「ブービーとブービーメーカー」

スポンサーリンク

 

 

「このホールのオーナーは誰だっけ?」

 

ゴルフを始めたばかりの人だけじゃなく、

かなりのベテランゴルファーや上級者でも、

今だに間違って使っているゴルフ用語があります。

 

 

 

オーナーは、英語では「owner」

「所有者」という意味です。

 

‘’実は、このゴルフ場のオーナーはトランプ大統領なんだ。‘’

こんな風に使います。

 

分かってるよ、そんなこと!

と、叱られそうですが、

 

最初に打つから所有者?

それくらい立派な人だからオーナー?

このコースのリーダー格だから?

 

そんなちょっとした勘違いで

覚えてしまったのでしょうか?

 

f:id:t6911:20171123195028p:plain

 

 

正解は、オナーですよね。

英語では,「honor」

「名誉」のこと。

 

つまり、

このホールで最初に打つ名誉を得た人のこと。

 

風の強い日の谷越えショートホール、

オナーのあなた、

 

「名誉はいらない、4番バッターでいいよ」だって?

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

もう一つ、きちんと理解できていない用語も

ありますね。

 

f:id:t6911:20171123195705p:plain

 

ブービー賞】ってなんの事?

 

昨今のゴルフ場は、オープンコンペ花盛りです。

 

かく言う私も大変お世話になり、

ちょこちょこお土産も頂いたりしているんですが・・

 

そんなコンペには、必ずといっていいほど、

ブービー賞が設けられています。

 

優勝賞品と遜色ないほど、立派な商品が

割り当てられています。

 

そもそも「 booby」は、

本来「最下位」という意味なのですが、

 

優勝はとても無理だと悟った人が、わざと雑なプレーで

最下位を狙うといったことが起きるようになったため、

 

わざとでは狙うのが難しい下から2番目の人

ブービー賞を与えるようになったといいます。

 

これに関連して、

ブービーメーカー」という言葉も耳にします。

 

このブービーメーカーが、

今では最下位の人のことを指すようになりました。

 

この人がいるから、

ブービー(下から2番目の人)が存在する、

ブービーを心ならずも作った人といったところでしょうか。

 

 

 

ブービー賞も嬉しいけど、

常連にはならないようにね。