達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

復活なるか!?小田孔明。きっかけは、あの伊沢利光が小田にかけた言葉だった。

スポンサーリンク

 

復活は近いのか?

 

小田孔明

 

飛距離を活かした豪快な攻め方と

得意なロングアイアンの切れで

通算8勝を挙げ、2014年には賞金王にも輝いたが、

 

 

翌年からは、トップ10には幾度か入るものの

勝利は挙げられず、徐々に自身のスイングや

プレースタイルに懐疑的になっていったという。

 

f:id:t6911:20171120190640p:plain

 

小田のスイングは、独特だ。

その特徴は極端にインサイドに引き込むテークバックだ。

 

女子選手の鈴木愛も同じようにインサイドに引っ張るが、

小田の場合はさらに深くインに引いているように見える。

 

ルフレッスンでは、決して推奨されないスイングだろう。

 

 

f:id:t6911:20171120190924p:plain

 

小田は、不調と共に、変則といわれたこのスイングに

疑問が湧いてくる。

 

自分への絶対的な自信を失えば、

プロの世界では勝てなくなる。

 

「イメージ通りの球が出ない」

 

「飛距離が落ちて自分のゴルフがわからなくなった」

と深刻なスランプに陥った小田は、

 

ある試合会場で、偶然目にした

大先輩のレジェンド、伊沢利光

すがる思いで、助言を求めた。

 

f:id:t6911:20171120191253p:plain

 

伊沢といえば、

 

01、03年と2度の賞金王に輝き、ツアー通算16勝、

 

01年のマスターズでは、タイガー・ウッズ、デビッド・デュバル、

フィル・ミケルソンに次ぐ4位に入り、

 

アーノルド・パーマー「KING OF SWING」

いわしめた美しいスイングの持ち主である。

 

その美しいスイングの主はこう言った・・・

 

「いいんだよ、どこに上げたって」

 

「気楽に上げればいい」

 

「ダウンスイングからフォローでオンプレーンに

下りてくれば問題ない」

 

「大丈夫、ダウンスイングは綺麗だから・・」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【いいんだ、これで!】

 

今年の前半戦は、5試合連続予選落ちを喫したが、

 

ここ2週、太平洋マスターズでは6位、

先週のダンロップフェニックスでは9位の成績を残した。

 

 

 

ツアーもあと残り2戦。

 

 

今週開催される【カシオワールドオープン】(高知:kochi黒潮CC)

小田にとっては、は08,09と連覇を果たした相性の良い大会だ。

 

小田は、もう一度輝きを取り戻せるか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

名前の由来は、中国三国志の策士、諸葛孔明から。

 

その諸葛孔明の言葉を小田に贈ろう、

 

【知者は時に後れず、勇者は時を留めず】

 

   知者は好機を逃さない、勇者は決断をためらわない

 

 

多数の個性派スインガーが、

ツアーに彩りを添える、

 

そうでなきゃね!