達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

なぜ、低いトップがいいの?今どきのドライバーはレベルブローが最も飛ぶんだ!

スポンサーリンク

ギアの技術の進化は目覚ましいものがある。

 

そろそろ頭打ちだという意見もあるが、

次々と発表される新ドライバーのカタログを眺めていると、

 

普段は、「そんなに変わりはしないだろう」と、

冷めた目で見ている私でも、ちょっと打ってみたくなる。

 

ゴルフ好きの悲しい性だ。

 

そのドライバーの最新技術の一つは、

余分なスピンがかからない(低スピン)構造に

なっていることだ。

 

昔のドライバーは、

途中からギューんとホップするような球筋だったが、

 

今どきのドライバーの弾道は棒球のようである。

だからランがでて、結果的に飛距離が伸びるというわけだ。

 

だったら・・

 

だったら・・

 

トップは低いほうがいいということになる。

 

f:id:t6911:20171102152139p:plain

       S・ガルシア

 

最新ドライバーなら、スピン量を減らすために

アッパーに当てる必要がなく、

初速の出るレベルブローこそ、飛ぶスイングといえる。

 

レベルブロー・・つまり、ボールを真横から打つこと。

 

以前にも何度か触れたが、

 

ポイントは、切り返し直後に、体の右サイドで

クラブヘッドを右肩の真下に落とすこと。

 

表現が難しいが、「ストンと落とす」というのが

一番ピッタリするような気がする。

 

そこから体を回せば、ヘッドは真横に動きます。

 

ボールの前後、30センチくらいは、地面と平行に

ヘッドが動くイメージです。

 

【体を回す】よりも前に、

【クラブを落とす】ことが大切なんです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここで、低いトップの話に戻りますね。

 

なぜ低いトップがいいのか?

 

それは・・体の右サイドにヘッドを落とすのに

高いトップより、低いトップの方が距離が短いから。

 

距離が長いと、スイングの安定感はなくなります。

 

f:id:t6911:20171102152448p:plain

     R・ファウラー

 

理想は低いトップなのです。

 

手元を落とす距離が短くなり、スイングがシンプルになる。

よりレベルブローが簡単になるのです。

 

飛ばすためには、

高いトップが必要だとまだ信じ込んでいませんか?

 

高いトップだとクラブヘッドの軌道が

アウトサイドインになり

スライス、引っ掛けを誘発します。

 

又、ヘッドが鋭角に下りてくるわけだから、

テンプラも出たりする。

 

又は、ヘッドスピードがあって、力のある人は

スピン量が増えて、ボールは上に上がるだけで

距離が出ません。

 

www.tatsujin72.com

 

PGAツアーでも、トレンドになっている低いトップ。

 

S・ガルシア、 R・ファウラー、

J ・ラーム、 M・クーチャーなど、

多くの実力者たちが、この低いトップを取り入れています。

 

www.tatsujin72.com

 

※ 低いトップの作り方は・・・

 

右脇を締めることがしっくりくる人や、

 

左手を曲げずに、左手の小指を体から一番遠くに

持っていくと言ったほうが

やりやすい人もいると思います。

 

左手を曲げなかったら、

トップは右耳から上には上がりません。

 

 

ぜひ練習場で試してみてください。