達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフスイングにも、野球の「アウトコースをセンター返し」感覚で!

スポンサーリンク

 

 

ゴルフと野球、

 

球を打つことに関しては、

止まっている球と

動いている球との違いはあるけれど、

共通する点が非常に多い。

 

 

野球の解説を聞いていても、

バックスイング、体重移動、スエー、タメ、

ドアスイング、インパクト等々、

ゴルフと共通する単語が頻繁に出てきます。

 

その解説の中で、

繰り返し耳にする言葉があります。

 

それは、【肩の開き】という言葉です。

 

野球をやったことのある人なら、

経験あると思いますが、

肩が開いたスイングでは、振り遅れて弱々しい

ライト方向への飛球だったり、最悪空振りです。

 

当たっても引っ掛けのゴロになりますよね。

 

ゴルフでも、早くに肩が開いてしまうと、

カット打ちのスライスや、引っ掛けが出ます。

 

少々、乱暴ですが、

野球のバッティングと、

ゴルフのスイングは同じだと

言えなくもない。

 

野球のバッティング技術において、

アウトコースの球をセンター返し、

バックスクリーンに打ち込むことが理想だとすれば、

 

その動きをゴルフに取り入れない理由はないよね。

 

f:id:t6911:20171027115320p:plain

 

 

野球では、バックスイングから左足を踏み込むまで

左肩で球を見るように体を動かします。

 

つまり、左肩を開かないように球を待ちます。

 

この感覚がゴルフスイングにも必要です。

 

f:id:t6911:20171027130133p:plain

 

右足にしっかり体重を乗せてバックスイング。

 (この時から左肩で球を見続けるイメージを持っておく)

 

左足を踏み込んで、球を打ちにいく際も

 左肩で球を見続ける。

 手の位置を変えないことがポイント。

 (いきなり手で打ちにいかない=タメができる)

 

インパクトを迎えるまで、

 右ひざを動かし続けること腰が回り続ける。

 体が開かずに球をつかまえることが出来る。

(右ひざを前に突き出すのではなく、

左ひざに寄せるように使うことが大事)

 

 

 

野球経験のあるプロゴルファーが飛ばし屋なのも

この感覚を身に付けているのでしょう。

 

打つ時に、アウトサイドインとかインサイドアウトだとか

あれこれスイングのことばかり考えず、

 

ただセンター方向に、球を打ち出していくんだと思った方が、

体は、よりスムーズに動く気がしませんか?

 

最初のうちは、極端な手の返しで、

無理やり引っ掛け球(チーピン)を打つくらいの

気持ちで振ったほうがいいでしょう。

 

打つ瞬間に、キュッと左脇を締めること、これがコツだね!

 

 

大玉は打てるけれど、

スライスがなかなか治らない野球経験者は、

 

アウトコースをセンター返し」

ゴルフのスイングでやってみたらどうだろう?