達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ぬかるんだライからのアプローチは、より確実なこの方法でやってみたら?

スポンサーリンク

 

前回のラウンドでも、

散々苦労したグリーン周りの

ぬかるんだライからのアプローチ。

 

 

もちろん、ダフらないように、

全神経を集中させるんだけど、

 

つい、器用な右手で調整しようとするので

バウンスが手前に落ちたり、歯が突き刺さったりして

全然、球を前に飛ばせない。

 

乾いているように見えても、

芝の下の土がぬかるんでいる場合もある。

 

 

グリーンは目の前なのに・・・

 

ショックが大きすぎる。

 

情けない。

 

f:id:t6911:20171021174528p:plain

 

寄せよう、寄せようという意識が体の動きを

ぎこちなくさせているのか?

 

結果を早く知ろうとしてのヘッドアップなのか?

 

それとも、アドレスの問題なのか?

 

////////////////////////////////////////////////////////

 

ダフらないようにと、ボールを右足寄りに置く人は

多いでしょう。

 

でもそれだとヘッドは上から下りるため、

入る位置が少し手前にズレるだけでダフってしまう。

 

短い距離のアプローチだとクラブを振るスピードが

遅くなることも原因でしょう。

 

こんな場面では、

やはりパッティング型アプローチ

出番だね。

 

ダフリのリスクをより減らすために、

 

バウンスの多いサンドウェッジではなく、

ピッチングウェッジか9番アイアンを

パターと同じグリップとアドレスで構えます。

 

ボール位置も、パターと同じでスタンスの真ん中。

 

パターのように両腕で五角形を作り、

手首を使わないで肩を動かしてストロークする。

 

f:id:t6911:20171021193101p:plain

 

軌道の最下点がズレにくいし、アップライトに

構えているのでヒール側が地面から浮き、

トゥ側のソールだけが地面に接します。

 

万が一、ダフったとしてもぬかるんだライとの

抵抗が少なく、それほどの影響は受けないでしょう。

 

  

カッコじゃないよね、ケッカだよね。

 

ただでさえ、雨の日のゴルフは難しい、

 

欲張らずに、60点くらいのそこそこショットを

繋げることが大事だね。